現代日本の秘蔵っこ、磯田よしゆきの自転車世界一周旅行

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エジプトより帰国報告 ~絶賛時差ボケ夜更かし中~

s-P1163414.jpg

16日夜、エジプトより無事大阪に帰ってきました!

ひさびさの日本。といってもたったの5ヶ月間なのでそれほど大きな感慨はないのですが、
やはり生まれ育った町というのはとても落ち着くものです。

今回の旅行では正直なところ先進国の多いヨーロッパという土地柄ゆえ大きな刺激は少なかったのですが、
タンデム自転車でパートナーを探しながら旅をするという事に、これまでとはまったく違うおもしろさがありました。

そしてこの手段での旅が可能だということ、最悪ひとりでもタンデム自転車を漕ぐことが可能だということも分かりました。
次なるアフリカ・アジア編もタンデム自転車で駆け抜けたいと思います!

さて2009年8月に始まった自転車世界一周旅行ですが、残すアフリカ・ユーラシア大陸はこれまで旅した北中南米ヨーロッパと比べはるかに広大なエリアで、旅をするのに時間もお金もかかります。
そこで、これから半年間ほど日本で働き、次回に備えるつもりです。

ブログの方はヨーロッパ編の半分ほどで止まっているので、忘れてしまう前に早く書ききっておきたいところですが、
肝心のPCが帰国3日前に壊れてしまいました。
他にもスマートフォン、スピーカー、イヤホン2つ、防水のサブカメラなどほとんどの電化製品が今回の旅の間で壊れてしまったのですが、とりあえず連絡手段の携帯電話とPCをなんとか手に入れなければいけません。

ご不要のPC、スマートフォンを譲ってもいいという方がいらっしゃいましたらぜひぜひご一報くださいませ。お土産持参で廃品回収に参ります(笑)


そんでもって働き始める2月上旬まで皆様からのお誘い、絶賛待ち受中でーす!!



ブログのランキングに参加してます!
読んだ後にこのボタン押してくれたらなんかええことあるらしい。
ランキングを励みにブログを更新するようになるとか、、、 ならんかw
でも押して
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

復活! 毎週登場してます! ネットでいつでも聞けちゃうよ~
NHK「地球ラジオ」TOP → 旅でござんすへ!
I'm apearing on this NHKradio program!
http://www.nhk.or.jp/gr/shoukai/
スポンサーサイト

| 42 EGYPT | 05:23 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水の中からヨーソロー!エジプトの年明けぜよー

s-IMG_2461.jpg

帰国までの経由地、エジプトダハブ到着翌日から何故だかダイビングライセンス取り始めることになり、
早寝早起きに勉強なんてしちゃいつつのスーパーハードな年末年始でした。

とりあえず、今日でアドバンスライセンスを取得したので一息つけるかなと思いつつ、
明日もおまけのダイブで一日つぶれ、そんでもってし明後日にはアレです。

毎年恒例1月5日にNHK地球ラジオの年始特番に電話出演しまーす。
お暇な人は夕方5時にレディオをNHKにターンオンでドンミスィだぜっ!


あっ、明けましたおめでとうございまーす!!






ブログのランキングに参加してます!
読んだ後にこのボタン押してくれたらなんかええことあるらしい。
ランキングを励みにブログを更新するようになるとか、、、 ならんかw
でも押して
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

復活! 毎週登場してます! ネットでいつでも聞けちゃうよ~
NHK「地球ラジオ」TOP → 旅でござんすへ!
I'm apearing on this NHKradio program!
http://www.nhk.or.jp/gr/shoukai/

| 42 EGYPT | 03:55 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タンデム自転車旅行ヨーロッパ編終了! そしてエジプトへ・・・


s-PC242788.jpg
フランスパリから4ヶ月、イタリア内の小国サンマリノまで走り、
今回のヨーロッパ編の走行はとりあえず終了。
2月頭に日本で予定があるので、そのついでに半年間ほど日本で働く予定。

しかしそこで問題がひとつ。

帰国するのにタンデム自転車とふたり分のキャンプ道具すべてを飛行機で運ぶのはお金がかかりすぎるし、
実際問題荷物が大きすぎ、重すぎで不可能と思える。

なので、来年秋ごろの旅の再開まで自転車を預かってくれるところを旅の間中探していて、
サンマリノに住む友達にんちゃんとゆかいな仲間たちのおかげで自転車をあずかってもらえることになった。

s-PC252825.jpg
これから帰国の途につきまーす!

といっても、せっかくヨーロッパに居るのでこっちで年越しをしてから。

ついでに言うと、ダイビングのライセンスなんか取っちゃって、
激安リゾートでしばらくのんびりなんかしちゃって、ついでに恋なんて・・・


そうっ!!目的地はエジプトのダハブ!

世界有数の沈没スポット、通称「恋するダハブ」


これからフライトなので詳しくはすぐブログに上げますが取り急ぎ。


s-PC242809.jpg
メリークリスマス&恋するぜダハーーブ!!!




ブログのランキングに参加してます!
読んだ後にこのボタン押してくれたらなんかええことあるらしい。
ランキングを励みにブログを更新するようになるとか、、、 ならんかw
でも押して
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

復活! 毎週登場してます! ネットでいつでも聞けちゃうよ~
NHK「地球ラジオ」TOP → 旅でござんすへ!
I'm apearing on this NHKradio program!
http://www.nhk.or.jp/gr/shoukai/

| 41 SAN MARINO | 20:18 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2人目のパートナー、なお君との旅。セルビアへ!

se (1)
少し前から痛んでいた坐骨神経痛(のような症状)。

痛みが和らぐようにとハンガリー・ブダペストの日本人宿で療養していたものの症状は一向に治まる気配がなく、
ちょっとお高めだった宿の宿泊費がかさんできたこともあって、どこか自然の豊かな場所まで走ってキャンプしながら療養することにした。

とは言え、荷物を満載にしたタンデム自転車をひとりで漕いでいけるのかという不安がある。

そんな出発の朝、準備をしているぼくの横でタバコを吹かすなお君。
さんざんタンデム旅行に誘ったとは思うけど、いま一度声を掛けてみると、思いがけない迷いよう。
それを見てたほかの宿泊者の後押しもあって、とんとん拍子でなお君がタンデムに乗ってくれることになった。
目的地はセルビアの首都ベオグラードまでの約一週間。



se (2)
アンダンテは想像以上におもろい宿だった。
ドビジェニア、アミーゴス!



se (3)
なお君はもちろん自転車旅行が初めて。
でもテニスをずっと続けてる運動神経ナイスボーイで、乗りなれないタンデム自転車にもすぐに慣れた。

ただ予定してたサイクリングロードが見つからず、走行ルートは車が多くてちょいキツめ。



se (4)
ドナウ川沿いはナイスキャンプ場所が多い。
キャンプファイヤーポットやベンチまであって、お金を払いたくなるような場所。



se (5)
今回初めての自転車トラブルはニップルの割れ。こんな所が壊れるのを始めて見た。

ロードやMTBとはまた違った強度が求められる旅行用の自転車パーツ。
その中で評判の高いホイールリムSUNRIMと、同じく最強との呼び声高いスポークDT SWISS。

今回はホイールとスポークをつなぐ小パーツ、ニップルが弾けとんだ。
この強いもの同士の組み合わせなら、その強さを受ける他の部分から壊れていくのかと納得。



se (6)
思いのほか車の多い道だったのと、毎日の曇天、寒さ。
正直、気持ちよく走れる場所の少ないルートだった



se (7)
それに加えてぼくの坐骨神経痛がひどく、夜は2時間ほどしか眠れない日が続き、昼間の痛みも痛み止めでは治めきれなくなってきて、なお君と言葉を交わす余裕さえもなくなっていった。

自転車旅行は楽しいよと誘ったなお君に申し訳なく思っていたところ、
ぼくが勝手にしゃべっとくんで気にしないでくださいよ。と、なお君は優しい。



se (8)
ハンガリー出国。



se (9)
セルビアに入国!

ハイチーズと同時にこける。美しいふくらはぎの筋肉!!



se (10)
なお君の今後の予定で自転車に乗れる日数が決まっていたので、セルビアの首都ベオグラードまで電車に乗ることに。

駅長さんと常連(?)さんのお父さん。

お父さんは勉強熱心でぼくらにすごい興味があって電車の中でもずっと話してた。
教えてもらったセルビア語の数字と挨拶は旧ユーゴ圏の国々ではほぼ共通なので後々すごい役立った。日本に帰ったら手紙を送る約束をして別れた。



se (11)
ベオグラード!!

旧ユーゴ紛争で破壊しつくされた街。・・・のイメージとはかけ離れた大都会。

これまで旅した国々はキリスト教だった。
ここセルビアはセルビア正教とムスリム、キリスト教とが混在する。

これはセルビア正教のもの。



se (12)
旧ユーゴ紛争時、NATOに空爆された参謀本部跡。

これをセルビアは負の遺産として保存・公開しているのではなく、
ただ取り壊す予算の問題で放置されているらしい。



se (13)
ベオグラード到着の宴じゃー!!

大都市のこじゃれたレストランでセルビア料理を堪能。
やっぱ目的地着いたらご褒美がないとね!

腹がはち切れるまで食って飲んで10ユーロ。



se (14)
なお君といっしょに走ったこの1週間が、これまで旅した中で肉体的に一番キツい行程だった。

そんな中、ぼくが痛みでしゃべれなくてもぼくの代わりに盛り上げてくれたり、
初めての自転車旅行で疲れてるやろうし、膝を痛めてはずのなお君が、
夕食の後にマッサージ(厳密には違うけど)をしてくれたり。
この時のパートナーがもしなお君じゃなかったら、申し訳なさと自己嫌悪とでお願いして自転車を降りてもらうことになってたと思う。
体も心も、なお君のおかげでほんとうに楽になった。

できることならもっかいなお君ともう一回同じ道を、できたら夏のあったかい時期にタンデムで旅したい。
自転車旅行はこんだけおもろいことあるんやで~と伝えたい。

まぁ日本帰ったら近所住んでるんで、また別のことしよう。


10歳ちかく年下のなお君、ほんとうに尊敬です。ありがとう。




ブログのランキングに参加してます!
読んだ後にこのボタン押してくれたらなんかええことあるらしい。
ランキングを励みにブログを更新するようになるとか、、、 ならんかw
でも押して
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

復活! 毎週登場してます! ネットでいつでも聞けちゃうよ~
NHK「地球ラジオ」TOP → 旅でござんすへ!
I'm apearing on this NHKradio program!
http://www.nhk.or.jp/gr/shoukai/

| 31 SERBIA | 18:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

近況報告。イタリア、、じゃなかった。サンマリノにやってきた!

ブログはだいぶアレしてますが、近況報告でっす。

長かった東欧、バルカン半島の旅を終え、フェリーでイタリアに入った。

ちょっと前の大風でテントが大破してキャンプができなくなったこのタイミングで、
サンマリノ(イタリア内にある小国)に住むアミーゴにんちゃんちにお世話になってます。



001.jpg
気付けば雲の上!!
サンマリノは山頂にある城を中心にした国。



002.jpg
これがてっぺんにあるお城。
詳しくは後日。



003.jpg
にんちゃんとは大昔にタイで出会った大阪の友達で、
サンマリノ定住を目指し、今回が4回目のサンマリノアタック!!
仕事見つけて滞在ビザも取って、今回ようやく定住できそうなようす。
Congratulazioni!!



004.jpg
荷物を置きに入った部屋でにんちゃんPCのトップ画像。



Ciao!





ブログのランキングに参加してます!
読んだ後にこのボタン押してくれたらなんかええことあるらしい。
ランキングを励みにブログを更新するようになるとか、、、 ならんかw
でも押して
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

復活! 毎週登場してます! ネットでいつでも聞けちゃうよ~
NHK「地球ラジオ」TOP → 旅でござんすへ!
I'm apearing on this NHKradio program!
http://www.nhk.or.jp/gr/shoukai/

| 41 SAN MARINO | 19:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブダペストの宿での日々 ~フォアグラもあるよ編~

01_2013120418223952b.jpg
ブダペストでは日本からのパートナーのそういちろうと別れた。
次のパートナーを探さなくてはいけなかったので、そのタイミングで宿を変えた。



02_201312041902462a8.jpg
向ったのは日本人宿アンダンテ。
一泊15ユーロという強気なお宿ながらもほかの町では出会うことのなかった日本人が山ほどいた。
みんなしてマンガ読んでた。←正しい日本人宿のあり方



03_20131204190304a14.jpg
管理人の2人をはじめ、一緒に日本代表セルビア戦を見に行ったブッチと松田さん、
他にも個性の強い面々がそろっていて、毎晩よく飲んでよく話した。

どこにでもいそうな左の若者がチェスの日本チャンピオンだったりする。



04_2013120419030454d.jpg
こんな寒い時期にもかかわらず宿に自転車乗りが集まった。
写真NG熟年サイクリストのKさんがやってきたと思ったら次の日にはユーラシア横断中の金澤くんがやってきたり。



05_20131204190259b0a.jpg
バイク世界一周中のナメさんが来たり。



06_20131204190307455.jpg
バックパッカーにもおもしろい子が多く毎晩シェア飯を作ってお酒が弾む。

少し前から痛み出した坐骨神経痛が悪化していて満足に歩けない状態だったこともあって延泊が続く。
でも、忘れてはいけない、1泊15ユーロ。
延泊すると割引してくれるシステムの宿は危険です。



08_20131204182201fb9.jpg
みんなで公設市場にお買い物。



09_20131204182208c92.jpg
ただ積んでるだけなのに野菜がイキイキして見える。素晴らしい。



10_20131204182210c13.jpg
ピクルスにかける情熱がすごい。



11_20131204182206b21.jpg
内陸国なのでコイとかフナを食べます。



12_20131204182110749.jpg
今回のお目当てはコチラ!



13_201312041821023a5.jpg
フライパンに載せるとみるみる溶け出す脂肪分。フォアグラだー!!!



14_20131204182111c07.jpg
フォアグラのソテーに野菜を添えて。

腹一杯になるまで高級食材フォアグラ食った。飽きた。フォアグラに飽きた。

正直フォアグラは2・3口で十分。
濃厚すぎて口の中のムニエル感、次の日の胃袋のモッツァレラ感が半端なかった。



16_2013120418212218d.jpg10日くらい滞在したものの坐骨神経痛はまったく良くなる兆しがなかった。
支払った宿泊費もついに大台に乗ったのを期に、宿を出てどこか自然の中でキャンプ療養生活をすることにした。
と言っても、パートナーのいないタンデム自転車を漕ぐことができるのか分からないまま不安な出発準備。

自転車に荷物を積み込みさぁ出発かというとき、ぼくの横でタバコを吸っていたナオ君に軽い気持ちで「自転車乗る?」って聞いてみるとなんと、マンザラでもないよう。

あれ、昨日の夜誘ってなかったっけ?と思いながらちょっと押してみるとあっさり一緒に行きます!と。



15_20131204182110767.jpg
そうなったらもう1泊して祝杯をあげタンデム旅の準備だー!!




ブログのランキングに参加してます!
読んだ後にこのボタン押してくれたらなんかええことあるらしい。
ランキングを励みにブログを更新するようになるとか、、、 ならんかw
でも押して
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

復活! 毎週登場してます! ネットでいつでも聞けちゃうよ~
NHK「地球ラジオ」TOP → 旅でござんすへ!
I'm apearing on this NHKradio program!
http://www.nhk.or.jp/gr/shoukai/

| 30! HUNGARY | 19:22 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

近況報告 雪だっちゃ!海だっちゃ!!@モンテネグロ

01_20131129200019e45.jpg
極寒です。
日中氷点下はパタゴニア以来。

こっから50mほど高い山のふもとの集落は50cmの積雪らしい。
山越えが一日送れてたら雪に閉じ込められてた。ヒヤっとするよね。



02_201311292000232bb.jpg
そんでもってヨーロッパ初の海!!
地中海のなかのアドリア海。赤い豚探すぞー食うぞー



03_20131129200025115.jpg
寒いけど、素晴らしすぎますこの景色・・。


現在モンテネグロ。
地元の人に勧められてのコトールという古都に来てみるとあら素敵な街。

そんでもっていい感じの宿には日本人。
今朝目を覚ますとさらに3人の日本人が来ていたり。

今夜は楽しくなりそうだぜっ!!




ブログのランキングに参加してます!
読んだ後にこのボタン押してくれたらなんかええことあるらしい。
ランキングを励みにブログを更新するようになるとか、、、 ならんかw
でも押して
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

復活! 毎週登場してます! ネットでいつでも聞けちゃうよ~
NHK「地球ラジオ」TOP → 旅でござんすへ!
I'm apearing on this NHKradio program!
http://www.nhk.or.jp/gr/shoukai/

| 37 MONTE-NEGRO | 20:04 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相棒そういちろうとの別れ。人と旅するということ。

※この文章は現在は11月15日、コソボの首都プリシュティナで延泊を繰り返し、
 堕落した精神、堕落した肉体、堕落した体勢にて書かれています(笑)



s-P8160157.jpg
今回のタンデムあいのり自転車旅行(仮)では、スタートしたフランス・パリからそういちろうと旅してきた。

その彼が予定より少し早めのハンガリー・ブダペストで自転車を降りる事になった。

※詳しい話の前にひと知識
ヨーロッパにはシェンゲン協定というものが存在し、協定を結んでいる国々をパスポートチェックなしで自由に行き来することができるものの、6ヶ月の内で3ヶ月しか滞在することができない。
もしその期間をオーバーしてしまうと罰金、数年間の再渡航禁止などの罰則があり、
ヨーロッパを旅行する人は念頭に置いておかなければいけない重要な決まり事。

そういちろうは旅の最後にイタリアにで数週間過ごすという約束でタンデムに乗っていて、
フランスからシェンゲン圏内を2ヶ月弱旅してきてハンガリーに居る時点で、
このままのペースではイタリアで過ごせる時間が減っていきそうな状態だった。

なので、予定していたコースを大幅に短縮し、ハンガリーから西進してイタリアに向うよう旅のルートを変更した。


s-eurovelo6 (10)
ところが急転直下、急遽そういちろうとブダペストで別れる事になった。

さまざまな事を邪推されてそうですが(笑)、まぁいたって普通。みんなの想像通りケンカ別れです。嘘です。

原因はひとつ、旅の方向性の違いでした。←1回言ってみたかった

ぼくの思い描いていた旅の方法と、そういちろうのそれが違っていて、
すり合わせる努力はしたもののその差は埋まらず、別れることに。
その細かいことについてはぼくたちのプライベートなので勘弁してください(笑)


------------------------------------

ここからはそういちろうがどうとかではなく、誰かと旅するということについての話。



2009年に開始した自転車世界一周旅行の中で、誰かと旅する機会は何度もあった。
そして特に旅の前半、ケンカなどのトラブルになって別れてしまうということがあった。

誰かと旅をするということは、一日のほとんどの時間を誰かと一緒に過ごすことになる。
その期間が長くなってくると良くも悪くも次第に相手への遠慮がなくなり、ささいなことが目に付くようになってくる。

小さなイライラのタネは例外なく間違いなくあますことなく100%!自分の中で培養され大きく育っていく。

たとえば、物を取ってあげたのにありがとうが無かったとする。
そういえばあの時もありがとうは無かった。あの時も、あの時も!と頭の中でエスカレート。
少しの行動が目に付くようになり相手が何をしても全部自分に対して嫌な感情があるからじゃないかと邪推。相手のアラ探しに終始してしまう。
一緒に買ったポテトチップスあいつ食いすぎとか、トイレの後が臭いとか、
自転車で言うと、見栄を張って早く走ってるんじゃないかとか・・。
その内にどちらともなく口数が減り始める。
あいつはなんか無愛想。じゃあこっちから話しかけるのはばかばかしい。
結果、会話は無くなり、テンションの上がることがあったときだけ話すものの、
相手にイライラしてる時間のほうが長くなり、微妙な関係になってサヨウナラ。


誰しも一度は経験したことがあるかもしれないこんな事の原因は、
些細な事にイライラして自分の中でそれを膨らませてしまう自分自身の心の狭さでしかない。

それはぼく自身よく分かっているのに、ぼくはこれまで旅だけに限らず何度も同じようなことを繰り返してきた。

しかし、一緒に旅をしたり過ごしていてそうならなかった人もわずかながら存在する。

相手をゆるせる心が広い人なのか、そもそもイライラしない人なのか。
ずっと一緒にいても苦痛にならない、居心地のいい人。
なんせ大らかな人なのは間違いない。ぼくはそういう人が大好きで、そういう人になりたいと常々考えてきた。
恥ずかしい話、これはぼくの人生のテーマのひとつといってもいい。(32才無職)

どうすれば気持ちよく人と付き合えるのか、
人のことをずっと好きでいられるのか、人に好きになってもらえるのか・・。

自転車旅を始めてからも同じ失敗を繰り返しながら考え続けた結果行き着いたのは、
「感じていることを相手に伝える」ということだった。

ちょっと相手にイライラした時、それは違んじゃないと言葉にして伝える。
頭の中で膨らんで行く一方のイライラは少しでも溜め込まない。
何かあったらそのつど腹を割って話し合う。ないがしろにしない。

しんどくて口数が減っている時、相手への返事が無愛想になったとしても、
イライラして黙ってるんじゃなくていまちょっとキツイ。と言葉にして伝えるだけで大きな違いになる。

逆に、自分が話しかけて相手が無愛想なとき、しんどい?何か怒ってる?と聞くことは相手がイライラしている場合火に油を注ぐことになる。
そういう時は冗談っぽく元気出してこうぜー!とおどけるなどの小技も必要になってくる。

なんかダラダラ長くなってきましたが、そろそろ終わります。
人と仲良くなるために作戦を練っているようでなんというかすごい下衆な話で申し訳ないですが(笑)

誰もみな人と仲悪くなりたい人なんていない訳で、こんなことは相手への優しさがあれば起こらない話ですが、
正常な考えができなくなるくらい一緒にいる時間が長くなる旅とかの時の話ね。
ふだんからずっと人にイライラしてる訳ではありません(笑)

まぁこんなことを昔から考えつつ自分なりに実践し、
特に誰かと旅をするときは「感じたことを言葉にして伝える」ということを何度も約束した上で旅をしてきた。
特に今回、自分でもよく実践できていたんではないかと思う。
しかしそれだけではどうやら駄目なようです。

根本的に大らかでない人間が大らかになることは、自分が大らかでないと認識している時点で微妙に無理な話なわけですが・・。

何かいい方法はないものですかねえ。


ここまで読ませて結論なしかー!!
ってお怒りな人はこのボタンでも押しやがれー!!
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

復活! 毎週登場してます! ネットでいつでも聞けちゃうよ~
NHK「地球ラジオ」TOP → 旅でござんすへ!
I'm apearing on this NHKradio program!
http://www.nhk.or.jp/gr/shoukai/

| 30! HUNGARY | 18:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サッカー日本代表 対セルビア戦 0泊3日弾丸ツアー!!

※このエントリーは予約投稿でアップロードされています。
 現在は11月15日、コソボの首都プリシュティナの宿でイチャイチャしてまーす。(嘘)



ハンガリーの首都ブダペストでは、同じ宿に泊まってた人を誘い、
10月11日のサッカー日本代表対セルビア代表戦を見に行ってきた。

ちょっとお隣のセルビアまで、0泊3日の強行プラン。



s-soccer (1)
試合に向うサムライたち。

23時の夜行に乗って朝6時セルビア、ノヴィサドに着。



s-soccer (2)
写真はいっきに現地、カラジョルジェスタジアムに飛びます。

ってのも、この時は坐骨神経痛が始まって第一次ピークの頃。
歩くのはもちろん、電車のイスに座ってるのも痛くて痛くて。
写真撮ってる余裕がなかった・・。



s-soccer (3)
このスタジアムは「ウ」にやたらとてんてんを打ちたがるFKヴォイヴォディナ・ノヴィサドというクラブの本拠地。



s-soccer (4)
試合8時間前。気持ちは完全にサムライ!
左からサムライブラック、サムライグリーン、サムライベージュ。


s-soccer (5)
チラッとグランドが見えた。

ここが国際試合が行われるスタジアム??
高校生の地区予選決勝クラスのおっきさ。
ほんまにここで合ってるのか?不安になるレベル。



s-soccer (6)
不安の元やったチケットも、無事8ユーロで購入。



s-soccer (7)
早朝に駅についてかなりハードだったので川原で仮眠数時間。

スタジアムに戻ってくると着々と試合準備がすすんでます!
かなりの数の警察隊がスタジアムを包囲。なんかピリピリしたムード??

この時セルビアはワールドカップヨーロッパ予選で敗退が決まってたんで、
イマイチ盛り上がりに欠ける試合なのかと思いきや、
この試合はセルビアの英雄スタンコビッチ(インテル)の引退試合を兼ねてるらしい。



s-soccer (8)
おそろしく目立たんところにYOKOSOJAPANならぬ、ようこそセルビア。



s-soccer (9)
試合前の練習で選手がピッチに出てきた。

ぼくでも知ってるアイツやアイツが手の届きそうなすぐそこに!



s-soccer (11)
やっぱ目が飛び出してると思います。



s-soccer (12)
おっぱいギャグで和やかなムードを作る日本コーチ。



s-soccer (13)
まーだー?



s-soccer (14)
実況にはテレ朝系からJO!!
太ってスーツぱんぱんやないか・・。



s-soccer (15)
元ジェフ小島はなぜかガングロ。



s-soccer (16)
さー国歌も流れて試合が始まるよー!



s-soccer (17)
おっとその前に、今回いっしょに行ったサムライバックパッカーズを紹介するぜ!

何かと共通点の多い同世代ぶっち(中)、帰国寸前ハードなスケジュールにもかかわらず決断してくれた松田さん(右)。



s-soccer (18)
とかやってるとキックオフ見逃したー!!



s-soccer (19)
ぼ、ぼくも見逃したですはいっ!!

序盤、日本のボールキープがつづきゴールへの期待が高まる!



s-soccer (20)
すると前半8分、突然試合が止まる。

スタメンだったスタンコビッチがピッチの外へ。
怪我?子供の乱入??



s-soccer (21)
いや、スタンコビッチ引退セレモニーが、試合中に!!
スタンドの日本応援団は解説もないので、えっ?なにっ??
日本代表は辺りを見渡しぽかーん。本田苦笑い。



s-s-soccer (19)
えっ?ええっ???



s-soccer (22)
さー試合再開、張り切っていきましょー!

はるばる日本からこの試合のためにやってきた日本代表応援団。

今回みたいな日本から遠いマイナーな国では、日本から応援に来るサポーターは少ない。
となると現地付近に住んでいる人か、自由旅行者が集まるくらいで、
サッカーの応援の仕方なんて知ってる人は少ないはず。

こんな熱い人たちがみんなを仕切って声を出し、ぼくたちも選手も盛り上げてくれる。



s-soccer (23)
日本側スタンド。なんだかんだ日本からの観戦ツアーの人たちもいた。

日本代表のサポーターは、スタジアムのいちばん隅っこ。
熱くなったセルビア人は何するか分からんからってことやろうけど、
飲み物買いに行くことすらできひんように機動隊(バイト)が日本人を隔離。
ビールくらい買わせてよー。



s-soccer (24)
終始日本が押し気味なものの、背の高いセルビアにセカンドボールはほぼ取られっぱなし。
簡単なカウンターであれよあれよという間にゴール前まで運ばれたり、
まぁ日本が押してるし、その内ゴールするやろうって思ってたら・・・



s-soccer (25)
さらーっと、2-0で負けちゃいました。

ほんま、いいとこ無し。
岡崎はいつものように決定的なの外し、遠藤も香川も動きもっさりしてるし柿谷にいたってはどこ?

まだぼくらはブダペストから往復2000円で来てるからいいけど、
日本からのツアーで15万とか払ってきてる人とか怒っていいレベル。

まぁ、スポーツってそんなもんか。

今回はすんごい小さいスタジアムやったんで、
すぐ近くに選手が見れたり選手同士の掛け声も聞こえた。
うおぉー!って叫んで抱き合うゴールシーンがなかったのは残念やったけど、
楽しかった。いい経験ができました。


次はどこで見れるやろうな~



ブログのランキングに参加してます!
読んだ後にこのボタン押してくれたらなんかええことあるらしい。
ランキングを励みにブログを更新するようになるとか、、、 ならんかw
でも押して
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

復活! 毎週登場してます! ネットでいつでも聞けちゃうよ~
NHK「地球ラジオ」TOP → 旅でござんすへ!
I'm apearing on this NHKradio program!
http://www.nhk.or.jp/gr/shoukai/

| 30! HUNGARY | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

古都ブダペストの町歩き ~新築かこの古都はっ!?編~


※このエントリーは予約投稿でアップされています。
 現在は11月15日、コソボの首都プリシュティナでだらだらしてまーす。



bap (1)
ハンガリーの首都ブダペストは、ドナウ川の西岸がブダ、東岸がペスト。
ふたつ合わせてブダペストというネーミング。
中世の古い町並みが残されたヨーロッパでもっとも美しい都市と称される。

対岸の丘の上には、左側に国立美術館、右奥に見えているのがブダ城。



bap (2)
ブダとペストをつなぐ鎖橋も見所のひとつ。

ちなみにドナウ川を挟んで、西岸ブダは王宮などのある歴史景観地区で、
東岸ペストは繁華街などのある市民生活地区。



bap (3)
川を渡ったところ。丘の上にでっかい国立美術館。



bap (4)
丘を貫くトンネルもいちいちシック。



bap (5)
丘の急な歩道を登っていくと、みるみる標高が上がる。



bap (6)
ゴッホがあるって話しやった美術館は入場料高すぎてパースっ。



bap (7)
街中から見えてたマーチャーシュ教会。

ブダペストの町は遠くから眺めてると美しい古都。
でも近寄って見るそれぞれの建物は補修・改修が入りすぎてる。
プラハとか他の街なら古く見えるような補修をしてたのが、
ここでの補修は使われてる石がきれいな白いものが多く、もはや新築感すら感じてちょっと興ざめしてしまう。



bap (8)
アーチェリーの出店は一回5ユーロ。あたれば景品有り。



bap (9)
丘の上では果物を使ったお酒、パリンカの試飲祭りが毎日開催中。

そこで出会ったヨーロッパ駐在員と家族の方々。ちびっこたちはみんな英語ペラペラ!
関西弁っぽく力強い東京弁を使いこなすパワフルな奥様方にお誘いいただき、
お酒をごちそうしてもらって楽しい時間を過ごさせてもらった。
もし見てくれていたら、その説はどうもありがとうございましたー!!



bap (10)
丘を下りて東側ペスト地区に戻る。
こっち側は新しい建物も入り混じってる。



bap (11)
なんかの教会。
町中にいっぱい大きな教会がある。



bap (12)
ホラーハウスは大戦時、列強支配時の記憶をとどめた場所。
入場料高くてこちらもパス・・。



bap (13)
乗員全員がペダルを漕ぎながら生ビールを飲むという画期的な移動自転車バー。
というか車??

飲酒運転上等!騒音撒き散らしながらノロノロ走るゴキゲンなヤツ!!



bap (14)
疲れたらバーでひと休み。生ビール一杯50円ほど!



bap (15)
伝統料理のグヤーシュは、トロトロになるまでパプリカを煮込んだスープ。



bap (16)
ハンガリーはトカイワインという貴腐ワインが有名。
これはただの安い赤ワインやけど、ハンガリーでは3ユーロ以下にまともなワインがなかった~。



bap (17)
別の日、夕方に丘に登る。

こちらも新築感プンプンのブダ城。



bap (18)
兵士像4つ。一番古いのは築32年だとか。 おれは兵士かっ!!



bap (19)
ライトアップに映えるね~



bap (20)
街がいちばん美しい時間帯。



bap (21)
ブダペスト歩くならやっぱ夜だなっ!!



ブログのランキングに参加してます!
読んだ後にこのボタン押してくれたらなんかええことあるらしい。
ランキングを励みにブログを更新するようになるとか、、、 ならんかw
でも押して
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

復活! 毎週登場してます! ネットでいつでも聞けちゃうよ~
NHK「地球ラジオ」TOP → 旅でござんすへ!
I'm apearing on this NHKradio program!
http://www.nhk.or.jp/gr/shoukai/

| 30! HUNGARY | 18:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。