現代日本の秘蔵っこ、磯田よしゆきの自転車世界一周旅行

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

外人、看護婦、スチュワーデス問題。そしてチーノ。 手ブラのお姉さんもいるよ ~Guatemala to El Salvador編~

ガテマラ後日記 (1)
フローレスでまた再会したサトシさん。学名スリーピングブッダ。
I got together so many times sleeping-Budda Satoshi.

ガテマラ後日記 (2)
ティカル見物も終え、ブッダとフローレスの対岸の町に繰り出す。
人と車と物が溢れる町は、東南アジアのよう。
ブッダやし(笑)

much people,cars,things. this powerfully is like the South-east Asian country.

ガテマラ後日記 (3)
ここらでよく見かけた軽自動車。日本製と思いきやシボレーマーク。
スズキのOEMやろうけど、この箱バンでシボレーってのは何かイメージが違う。
This small car looked Japanese Suzuki car but it was Chervy.
It's just OEM suply but so far from the imagin of Cherby.

ガテマラ後日記 (4)
これも3輪バイクかと思いきや、こうゆうバイク。 ってか車?
3wheel bike? or 3wheel car??

ガテマラ後日記 (8)
このしっかりしたキャリアはまるで軽自動車。

ガテマラ後日記 (5)
サイドブレーキ付き。
this has side-brake.

ガテマラ後日記 (6)
ということはバックギヤも。
ってかこのフレームの太さ!
also back-gear.

ガテマラ後日記 (7)
サスはリンクっぽいけど補強が入ってるだけのスプリングサス。
ほぼ新車やったけど、この大所帯に125ccエンジンじゃスタートはかなり重い。
ここに人やら荷物やら満載したらちゃんと走るのか?

ガテマラ後日記 (9)
チャッピー?シャリー?
80's Japanese bike.

ガテマラ後日記 (10)
いじってるのは外装とマフラー、ハンドルくらいのハッタリバイクやけど、結構センス良かったりする(笑)
こっちはマフラー屋さんがそこら中にあって、車もバイクも適当に太さの合う筒を溶接でつける。
何回もマフラーを換えてるバイクは、竹の節のように溶接跡が2・3ヶ所あったりする。
It's good looking custom but in fact its so simple custom. handle bar and maflerand some stickers.

ガテマラ後日記 (11)
市場。
public marcket

ガテマラ後日記 (12)
市場の中にもさらに建物があって、その中には4畳半ほどの店がぎゅうぎゅうに詰まってる。
売ってる商品ごとにエリア分けされてて、どの店も売ってるものはいっしょ。
There are so many small shops inside.

ガテマラ後日記 (13)
本日のお買い物。
COLOMBIAのパンツ(古着)100円
石けん、歯ブラシ、カラビナ、タオル、各30円。
I bought COLOMBIA pants(1$).
soap,toothbrush,karaviner,towel. about 30cents each.

ガテマラ後日記 (14)
Colgateと思って買った歯ブラシはCollageだったりする。
毛の量がホンモノの3分の1。
It was not Colgate toothbrush. Collage!!
one third of the brush amount.

ガテマラ後日記 (15)
市場で食べたご飯。
チキン、炊き込みご飯、サラダ、トルティーヤが付いて120円。ジュースは40円くらい。
general meal is so cheap its about 1$.
fried some meat, salad,tortillas.

ガテマラ後日記 (16)
今年の1月から会って離れてしてきたブッ、、 さとしさんと6~7回目の別れ。
こっからはお互い旅の方向が変わるので、次に会うのは南米か、4年後日本か!?
I fairwelled sleeping-Budda Satoshi finaly.next time is South America or Japan.

ガテマラ後日記 (17)
朝から昼まではだいたいこんな空で、夕方には必ず雨が降る。
ついに雨季に入った感が・・・
day time is like this weather.
but raining from evening everyday.
almost rainy season is come.

ガテマラ後日記 (18)
雨宿りしてたお店の人が泊めてくれた。
敬虔なクリスチャン、エミリオ家族は巡礼のためにイスラエルやフィリピンに行ったことがあるらしい。
そんな裕福な家には見えへんかったけど、信じるもののために全てを捧げて生きてきた人生は、何ものにも代え難い尊い人生のひとつだ。
I stayed some native house.

ガテマラ後日記 (19)
エミリオ家の夕食。
そういやメキシコではトルティーヤを作る時、とうもろこしの粉を水と塩でこねて、器械でつぶして薄くする。
グアテマラに入ってからは、こねたタネをピザのように手で平べったくしただけのぶ厚いものに変わった。

ガテマラ後日記 (20)
ビゲン早染めは万国共通。
Bigen speady color is common around the world.

世界遺産のキリグア遺跡を素通り。食傷気味の遺跡に宿代・入場料を払ってまで行く気にならず・・。
南へ南へ、国境を目指す。
I went forward to south without visit Quirigua ruins.
no more ruins!!

ガテマラ後日記 (21)
グアテマラとホンジュラスの国境と思って来てみたら、実はエルサルバドルとの国境だった。地図がない!
そんで、どんどん国境事務所が小さくなっていく。ここは高速道路の料金所クラス。
This is the border Guatemala and El Salvador.
I miss understood here is Guatemala and Honduras border cause of no have the map!

ガテマラ後日記 (22)
窓口はパチンコの景品交換所クラス。

ちなみに出入国手続きはスタンプも荷物検査も何もなし。
グアテマラ・エルサルバドル・ホンジュラス・ニカラグアは、スペインからの独立当時、中米連盟として独立しようとしていたので今でも関係が深く4つの国でひとつのスタンプ。ユーロみたいなもんです。
no procedure, no stamp, no laggage check. so easy border.
because Guatemala and El Salvador and Honduras and Nicaragua has a common stamp.

ガテマラ後日記 (23)
情報収集がてら事務所で休憩。

ティカルだけでさらーっと通り過ぎてもうたグアテマラやけど、裸足の人も多いし、
家々は手作りの日干しレンガを積み上げた壁に、わら葺かスレートの屋根というった貧しい国。
でも、険しい山々に、いくつもの湖。きれいな民族衣装を着た山岳民族の多い国でもある。
そっち側の標高2000mエリアはかなりの遠回りで辛そうやったので今回はパスしたけど、
メキシコや他の中米諸国より物価が安く、人も旅人慣れしてない。
スペイン語学校も安くて、勉強したり沈没するバックパッカーも多い。中米でオススメの国です。
I spend an hour at the office.
Guatemara was a kindfull country for me.

ガテマラ後日記 (24)
8カ国目エルサルバドルに入国!
国境からすぐのレストランに入る。
エルサルバドルも食事は焼いた肉、炊き込みご飯にサラダとトルティーヤのセットが多い。
これが150円でジュースが50円くらい。 エルサルバドルに入ってちょっと物価が上がった。

8th coutry El Salvador!
the prices went little up from Guatemala.

ガテマラ後日記 (25. )
だいたいどこでご飯食べてても、旅してるぼくを見つけると次々に人が出てきてぼくを見に来る。
その中に、なぜか手ブラの女性が・・・
何も持ってない手ブラじゃなくて、何も着ずに手でブラをするほうの、手ブラ。

びっくりしてしばらく見とれてもうた後、服着ないの?と聞くと、フフフっと笑って奥に消えてった。
40才くらいでお世辞にもキレイといえない彼女のモナリザばりの意味深スマイル。  no more!!!

そのあと手ブラのままマットレス持って来て、床に寝転がってテレビ見始めたけど、たまにおっぱいを掻く。
するとやっぱり山の頂上の一本杉が見えるわけで。
こっちが見てるのに気付いてもおかまいなしでボリボリ掻く。

ってことは、いったい誰のための手ブラやねん・・

恥ずかしいなら服を着ろ!
恥ずかしないなら手をのけろ!

たぶんこの国に公然猥褻罪は、ない。

There was naked lady who hided breasts by one hand in the border restaurant.
what's for??
she should wear some close if she felt ahamed.
If she dont ashamed, off the hand!!

ガテマラ後日記 (26)
国境から20kmひたすら下り、ひとつ目の町Metapan。
後から知ったけど、この国は中米でも治安の悪い国らしい。
ガススタの店員もみんなショットガンを持ちながら。
えらい国きてもたなーと実感。
first city Metapan of the El Salvador.
all stuff of gus stand has some guns.

ガテマラ後日記 (27)
そのガススタでこの町一番の美人とツーショット。
ギャラリーがキスしろキスしろと騒ぎ立てるのはもはやデフォルトか?

治安の悪いとされてるエルサルバドルやけど、走ってきた中でそう感じる事はなかった。

中米の国を旅してると、嫌な思いをすることがたくさんある。
自転車で走ったり町を歩いてるぼくを見つけた現地人は、びっくりしたような顔をして立ち止まり、
通り過ぎて後姿が見えなくなるまで振り返ってずーっと見続ける。
こっちから挨拶して返してくれる人もいれば、ただただじーっと目線をあわしたまま見続けてくる奴もいて、
はっきし言ってうっとおしい。
ジロジロ見てんちゃうぞ!とも思うけど、海外を旅してると外国人が目立つのは当たり前のことで、
何をしてるのか見てたい気持ちも分かるし、その視線に悪気がないことも分かる。
それはまぁいいとしても、そうゆう時にチーノ!チーノ(Chino)!と叫ばれると話しは変わってくる。

スペイン語で中国人を意味する他に東洋人全般を指す場合もあるらしいけど、
中国人やと完全に馬鹿にしてるニュアンス。
ぼくがだまってるとこれからも他の誰かが言われ続けるやろうし何よりむかつくから、
不機嫌な顔で毎回おれはチーノじゃないと訂正する。

他にはチンチョンチャンってのもある。
チン=中国人、チョン=韓国人、チャン=日本人。完全に東洋人を馬鹿にした言葉。
聞こえへんように囁く者もいれば、通りすがりにニヤニヤしながら耳元で囁いて逃げていく奴もいる。
学校帰りの子供から、ええ歳した大人までがヘラヘラと囁く。

もし仮に、チーノと叫ぶことに悪気がない人がいたとしても、
馬鹿にした言葉である事を知ってる現地人が東洋人であるぼくらに対して言ったとき、
言われた側がどう感じるかを考えていない行動には悪気があろうとなかろうと関係はない。
悪気なく車で人を轢き殺したからといって裁かれないなんて事はないし、
ましてやニヤニヤしながらその言葉を囁いてる顔には、完全に悪意が見てとれる。

「人の気持ちになって考える」なんて、言葉にするのもバカバカしい、日本じゃ小学生で教わるような当たり前のこと。
それを出来ない人間ははっきり言って人間とは呼べないクソだ。思いやりとかやさしさの欠片もない。どうしようもない。
その発言だけで人間の価値なんて100から0にだってなると思う。

まったく逆の話になるけど、日本では外人を外国人、看護婦を看護師、スッチーをキャビンアテンダントと呼ばせる風潮やけど、
この言葉を悪気を持って使ってる人なんて今までに一人も会った事がない。
それでも、その言葉を嫌がる人がおるらしいから、しゃあなし長ったるい方を使うようにはしてるけど。
繊細すぎる国民性と、繊細すぎない国民性。
気になるのは、当の中国人がチーノって呼ばれたときに何て答えるのか?
ずっと注目してるけど、その場に出くわす事はまだない。

書き出すと怒りのままでえらい話それてもうたけど、
その腹立たしいチーノとかチンチョンチャンと呼ばれることが、この治安の悪いとされる国ではまったくなかった。
人は親切。 好奇心があればちゃんと話しかけてくるし、それ以外の人は恥ずかしそうにうつむく。
そんでもって商店では冷房もかかってるし、道路も悪くないし、坂もきつくならん様に作ってある。

なんというか、ちゃんとしてる(笑)
先進国の考える当たり前のことが当たり前でない場所で、この国のちゃんとしてる度はかなり高い。
nice to meet you エルサルバドル!!

この時は・・・

We Asian traveler called with some malice as "Chino!" and "Chin Chon Chan!" at Central America.
it's not forgive the people with irrespective of there is or is not the malice.
everybody have to mind eachother even if they dont have malice meaning,
I dont call the human beings who has minimumm sympathy.

I got some information as terrible dangerous country.
but here El Salvador is actually not like that.
residents is so kind and shy.
nobody call me "Chino".
and the road condition is so comfortable.
every gus station has air conditioner(too much)

thinking well, it's just normal.
but, this area is not area whose commonsence is not common.


毎週日記書いてます! NHK「地球ラジオ」
http://www.nhk.or.jp/gr/shoukai/

★How to comment★
Push comment button,
There is vended Japanese character in small window under the comment space.
Compere under Japanese character and figure,
It'll be 4digit, and, Tipe fix it!
31How to comment
スポンサーサイト

| 7 GUATEMALA | 06:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マヤのハイライト、ティカル遺跡。demo,,, No more ruins! ~Guatemala Tikal ruins編~

さてさて、強盗あったり実はコスタリカまで走ってたりしますが、日記はまだまだグアテマラです(笑)

7カ国目のグアテマラに入って、まず目指したフローレス島。
ここは陸から橋で繋がった湖に浮かぶ島で、歩いても15分ほどで一周できる、コロニアル建築いっぱいかわいい島。

In fact, I'm in Costa Rica now. but this blog is still Guatemala.
first distination of Guatemala is Flores island where is base of visit Tikal ruins.

ティカル日記 (1)
朝6時発のバンに揺られ、目指すはティカル遺跡。
もうマヤの遺跡は飽きたよって声が聞こえてきそうですが、これがラストです(笑)

ちっちゃいのも合わしたらもう10個くらい見てるんちゃうかと思うマヤ文明の遺跡。
ティカル遺跡はそのハイライトにふさわしいのだ!!
テオティワカンとかパレンケ遺跡が有名で日本人にはあんまり馴染みがない名前やけど、海外を旅するバックパッカーの間ではここが一番人気だったりする。

I visited about 10 Mayan ruins. This is the highlights!!
this is not so famous in Japan.
but this is the most popular ruins for backpackers!

ティカル日記 (2)
朝6時発でジャングルから朝日が昇るのを見れるツアーのはずが、バンの中で普通に日が昇る。
とはいえ着いた頃にちょうど遺跡の入り口はオープン。他にも旅行者はいっぱいおったけど、みんなガイドを雇う手続きとかしててほぼ一番乗り!!
I left 6am to Tikal. but sun risen on the way to there.
and this is entry gate.

ティカル日記 (3)
ほんまは先に中入ったけど、博物館から紹介。
これが1800年代のティカル遺跡の様子。
ってかその頃カメラはあったんか?

first, I invite the museum.
the piramid about around 1800.
Is there a camera in that time??

ティカル日記 (4)
restore mans

ティカル日記 (5)
reliefed stone.

ティカル日記 (6)

ティカル日記 (7)
excaveted man has the heart.

ティカル日記 (8)
こんな小径を歩いていく。
この遺跡は大きく、観光するのに4~5時間はかかる。
ゲートから最初の遺跡まででも30分以上歩く。
Well, go to ruins.
it's need a half hour to arrive first piramid.
there are some piramids haven't diged up yet.

ティカル日記 (9)
like a small hill

ティカル日記 (10)
見えてきた目的のピラミッド!

ティカル日記 (11)
裏側には上るための階段がついてる。
There is a stairs to top.

ティカル日記 (12)
上ったピラミッドと写真のピラミッドは向かい合わせ。
大体50mくらいやっけ?忘れた。
The 50m heights piramids satand face to face.

ティカル日記 (13)
ピラミッドの上から見ると、高い木の上に何やら乗っかってる。
ここら辺のジャングルでよく見たもので、ずっと不思議に思ってた。
I found some plants called air plant on the tree.

ティカル日記 (14)
下から見るとこんな感じ。
We can see like this from ground.

ティカル日記 (15)
キ○タマみたいにぶら下がってる時もある。
this too.

ティカル日記 (16)
そうそう、こうゆう時もある。

ティカル日記 (17)
これが招待だ!!1泊2日のラスベガスカジノツアーへご招待~!
・・じゃなくて、正体です。
いま日本で話題沸騰のスカイツリーならぬ、エアープラント。
どないかして木の上に勝手に寄生する。
たまに落ちてきて人々をアフロにする。
This is the true color!

ティカル日記 (18)
修復途中のピラミッド。
切り出した石と、積んでいくための足場。
The repairing scene.
cutt stone and scaffolding.

ティカル日記 (19)
修復に使う漆喰を作る場所。
the place to make a mortal.

ティカル日記 (20)
半分修復が終わりました。
half done.

ティカル日記 (21)
アナグマ(?)が木に登ってたり、
There are so many kinds animals here.
this is a badgel on the tree.

ティカル日記 (22)
派手な鳥がのしのし歩いてる。これで80cmくらいある。
Gaily bird walking. they dont fly.

ティカル日記 (23)
Stone monuments.

ティカル日記 (24)
このピラミッドにはいくつか中に続く穴がある。
This lower piramid has the some halls continue to inside.

ティカル日記 (25)
立ち入り禁止の看板があるだけで、奥ふかーくには石室があるらしい。
むっちゃ入りたいけど、、、ダメ!ゼッタイ!

ティカル日記 (26)
さてさて、入り口から1時間くらいかかる一番奥にあるピラミッド。
これが一番高く、70m以上もある。
登れるようになってるけど、この感じ・・。
つくづく、この遺跡は来る人を選びます(笑)
One hour from the gate to this piramids.
the highest 75m piramid also has the stair. but this steep...

ティカル日記 (27)
上まで登ると、こんだけしか場所がない。
Only this space on the top.
everybody be along the wall.

ティカル日記 (28)
足を滑らすと一直線に・・・
Fall this height if sliped.

ティカル日記 (29)
裏のほうから声がして、見てみると。
何の用があるんか知らんけど、そんな崖っぷちで電話せんでも・・・
There was a person who is calling at edge of cliff. why...
I dont know why but there are so many people loves edge of cliff.

ティカル日記 (30)
思い返せば、いろんなところで崖っぷちの人々を見てきた。
これはメキシコのテオティワカン遺跡。崖っぷちで1時間以上キスし続ける周りの空気を読めないカップル。
This was Teotihuacan in Mexico.
this couple flirt at the edge and made kissing noise unpleasant to our ear.

ティカル日記 (31)
これはヨセミテ。 命がけの昼寝。
They naped on the edge with the risk of them life @ Yosemite.

ティカル日記 (32)
一心不乱に鼻くそをほじくる中国人。
このあと彼に写真とってもらいました。鼻くそほじった手で。
This Chinese man picked him nose intently with the risk of them life.

ティカル日記 (33)
話は戻ってこれがティカルの名物風景!
地平線まで続くジャングルにふたつポコッと飛び出したピラミッド。

ティカルの風景を動画でどうぞ(Youtube動画)
Tikal movie (Youtube)


実際は結構距離があって、小さくしか見えへん。
ティカル遺跡をむちゃくちゃ楽しみにしてできるだけ前知識入れへんようにして行ったけど、楽しみにしすぎてた分だけちょっとがっかりかな。ってか、同じような遺跡を見すぎて正直食傷気味。
This is the famous angle of Tikal ruin.
but.. I was gladed too much.
in fact, there is so distance to two piramids. I letdown little...
I think cause of I saw too much Mayan ruins.

ティカル日記 (34)
Good bye my last Mayan ruins! no more!

ティカル日記 (35)
来た道を1時間かけてフローレス島に戻る。
ここは夕方になると毎日雨が降る。
本格的な雨季はもうすぐそこまで来てる。
雨が早いか、南米に抜けるのが早いか。
不思議と、何とかなりそうな気はしてる(笑)
back to Flores isl.
everyday falled rain here.
The rainy season is coming soon.



In recently,I got a work of massmedia.
it's a NHKradio(national radio) pragram.
I'm in the HP and the every weeks profram!
http://www.nhk.or.jp/gr/shoukai/


★How to comment★
Push comment button,
There is vended Japanese character in small window under the comment space.
Compere under Japanese character and figure,
It'll be 4digit, and, Tipe fix it!
31How to comment

| 7 GUATEMALA | 06:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。