FC2ブログ

現代日本の秘蔵っこ、磯田よしゆきの自転車世界一周旅行

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

寒い!サイフが寒いYO!北欧ノルウェー! ~首都オスロの町歩き編~

にゃんにゃーん!元気にしてるかいバディ?
こちらは極寒の北欧からすべてが正反対の場所にやってきてます。
暑くて、汚くて、ゴミゴミしてて、人が親切で、メシがうまくて、とにかく安い!!


やっぱこれやな、旅行って。
肉体的にはすんげーしんどいけど、海外におる実感がある。毎日新しい発見がある。

そう考えると、北欧って・・・


そーんな北欧日記だよー!うげー!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


謎の美少女さゆっぴを仲間に加え、飛行船に乗ってやってきたのは新たな大陸。


hj (1)
イギリスから北欧ノルウェーの首都オスロへ。

空港から町へは60kmの距離、アップダウンと自転車道のわかりにくさでかなりハード。
どうなることやら北欧自転車旅ー!と思いながらもとりまオスロでだらっとするぜ!


まずはオスロ中心の駅横広場。
ヨーロッパの首都って中心は中世のメゾン?的な建物だけで構成されてるようなイメージやけど、オスロの建物は新旧まざっていて、古いのはシンプル。そしてあわーくカラフル。
新しいのは派手すぎたり奇抜まではいってないいい感じのおしゃれなやつ。



hj (2) 
オスロ中央駅コンコース。

シンプルやけど階段の造りは超合理的な日本人にはマネできない遊び心。



hj (3) 
ビジネス街のビル。

なんてこった!!



hj (4) 
オスロはどこもかしこも建設ラッシュ。

工事中のビルの鉄筋の細くて少ないこと!
地震がなけりゃあこんなんでいいのか~



hj (5)
 これまた建設中のおしゃれビル。

クレーンで吊ってる資材の下を普通に人が歩いてるんやけど、そのへんゆるいよねー



hj (6)
 近代美術館。



hj (7) 
ノルウェー出身のムンクの美術館へ行くと「叫び」はレンタル中の様で無料で入れた。

「叫び」くらいしか知らんやろなーと思ってたけどこの絵はみたことあり。太陽ピカー!
暗ーいイメージの「叫び」の作風とはまったく違ったテイストで、太陽光線のふりそそぐフィヨルド。
白夜と黒夜が訪れるようにムンクにもこういう時代があったのかーと知る。



hj (8)
 「思春期」

いろいろ想像しちゃいます。



hj (9)
 その辺の公園。

遊具の形の独創性!
どっかの会社の大量生産じゃなくて若手アーティストみたいな人がいっこいっこ作ってると思われるけど、こういうのって子供への刺激としてよさそう。



hj (10)
 フリスビーが市民権を得ているっ!!

ア、ア、、、アルティメットも??



hj (11) 
ヨーロッパはどこも自転車先進国。ノルウェーにも個性的なのいっぱい。

電動で変速もしっかり。前後サス。ディスクブレーキ。お高いんでしょ??



hj (12) 
なんじゃこりゃ?



hj (13) 
ちびっこサイクル!

子ども3人までいけまっせ的なやーつ。
フロントが2輪になってるので子どもの乗り心地もよさそうなのと、
両輪の上についてるライトとリフレクターに自転車先進国の余裕を感じます(笑)

ちなみにこんなのはメーカーが作ってるのもあるけど、街中の自転車工房が作ってたりするよう。
電動ので安いのは15万円くらいから。



hj (14)
 かわゆすー!

町で生活するならこれくらいでもいいんかもね。
このサイズなら軽エンジンでもむちゃくちゃ走りそう。



hj (15)
 さーてオスロの中心へ。

この日はオスロマラソン!知ってたら走ったのにー。



hj (16)
 日本で言ったら渋谷とか新宿とかを網羅して芝の埠頭でゴールするような超都会コース。

どこかの国やと興味のない住民がごちゃごちゃ言いそうやけど(笑)、
すごいなと思うのは、道路を完全に閉め切らず半分がコース、半分を歩道にしてるとこ。
住民も観光客も普通に通行できるし、マラソンをより身近に体感できる。



hj (17)
 むちゃカワDJがアゲまくってるんですけど(公式)



hj (18)
 題)えっへん

ほんとうのタイトルは、Fearless。怖いもんなし。
まっすぐに育つんだよ。



hj (19) 
ムース(ヘラジカ)

お土産屋の中にはムースの他にもトナカイさんの死体・・・剥製が。
トナカイさんは普通に食用だし、革の敷物とか安かったけどゴワゴワであんまし。



hj (20)
 ドワーフ的なのもこちらの文化。

森だらけで深くて暗ーいから何かおりそうな感じするもんねー



hj (21) 
お菓子職人さゆっぴリサーチのおいしいケーキ屋さん。

甘けりゃいいだけのお菓子の多いヨーロッパやけど、いいとこのモンはほんとにうまい。
でも高いー!
ヒーコーとセットで1000円以上しますー!



hj (22) 
カテドラル。
北欧はプロテスタント。



hj (23)
 ノーベル平和賞センター。

ノーベル賞はスウェーデンのモノ。
でも「平和賞」だけは、ノルウェーとスウェーデンが仲直りした時に平和を祈り、
「平和賞」をノルウェーで授与することにしたそう。



hj (24)
ノルウェー王宮。

いまも王様が住んでます。



hj (25) 
衛兵さん。

ピシッと身じろぎせずに立っていて、顔だけ動かして辺りを監視。
行進のときの歩き方でたまーに歩き回ってるけど、ほんと集中力ピンピン。



hj (26) 
王様の出入り口の門番さん。
写真撮ってもいいですか?と聞いてみると、笑顔はないけどオッケーしてくれた。

こんな凛とした女の人に46時中守ってもらいたいなー



hj (27)
町の中心から離れて海を偵察(どんな魚が釣れてるのかをね)にいくと、
世界一周クルーズ的な豪華客船が留まってた。

10数階建ての船。下界を見下ろすセレブのような人が上の方にチラホラ。

こういうのって旅してる時間のほとんどが船の上で、停泊しても現地の滞在時間が短いし、観光してレストランでメシ食って船に帰るだけって感じ。

ポルトガルで豪華客船の乗客に土産物を売るギニア人と仲良くなって日本人グループに売りつけに行ったけど、話を聞いてもらえず目も合わさずにチャーターしたバスに乗り込んでって、すげーみじめな気持ちになった。

もちろん、大きな船でのんびり快適に旅する楽しさと一緒になった乗客同士の国を越えた出会いは楽しいと思う。
でも若者のする遊びではないね。こんなこと書かかへんほうがいいんやろうけども(笑)



hj (28) 
埠頭の市場でお魚調査。

サバ、スズキ、エビ、カキ、サザエ的なの、カニ、そしてアンコウ!
こんなにグロいのも食べるんやねー。

そしてついに現れましたサーモン!!
大西洋に生息するノルディックサーモンだー!!ぜったい釣ってやるぞまってろー!



hj (29) 
(毒々しくてジャンキーな)カラフルでスウィートそうなお菓子の量り売り。



hj (30) 
100種類以上の・・・キュートでハニーなキャンディたち。歯にくっつきそう・・



hj (31) 
ミッヒーちゃんがふわふわしてますー♡♡♡ なんのお店?



hj (32)
超絶物価の高いノルウェー。
泊まってる宿は50人くらいを詰め込みんだドミトリーで、3000円!
マクドのセットは1300円、タバコひと箱1800円、コーラペットボトル400円、
ビール1本360円、餃子1日100万個、食は万里を越えるー!

自炊するにしてもほんと買える値段の食材がない。
イギリスもむちゃくちゃ物価は高かったけど、食材はまだ安く、自炊してれば旅行できた。
でもここノルウェーでは玉ねぎひとつに100円とか、パスタ一袋200円とか、
最安の肉は、なんの肉か分からんペラっペラのが10枚入って300円。

そんな呪ウェーで奇跡がっ!!

街角のフルーツショップに並んでるのを横目に通り過ぎようとしたら、
ブドウが5クローネ=67円!!!
見間違いかな?と思ったけど、100gあたりとかではなく、1パック、67円。
ちなイタリア産。

見たとこべつに古かったり潰れてたりもせえへんし、、、
とりあえず購入!
と思ったら小銭がなくさゆっぴがあたふたしてると3クローネにまけてくれた!
なんと40円だよコンチキショー!!ありがとうだぜアラブのおっちゃんー!



hj (33)
本日のシメはカッフィー。左イギリス、右ノルウェー。



あっ、どうでもいいけどこっちの人に聞いた話。

ノルウェーの平均年収、700万円なんですって奥さま。



ブログのランキングに参加してます! 
読んだ後にこのボタン押してくれたらなんかええことあるらしい。 
ランキングを励みにブログを更新するようになるとか、、、 ならんかw  
でも押して 
 ↓↓↓↓

出演するよー! 
ネットでいつでも聞けます。 
I'm apealing on NHK radio program! 
スポンサーサイト

| 68 NORWAY | 07:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イギリスから68ヶ国目、ノルウェーへ ~物価の高さにいろいろ寒いー!編~


ヤッホーメーン!
あまりの寒さに手のアカギレでつぎからつぎへとパックリ割れてくし、
ほんと寒くて朝起きるとボトルの水凍ってるし、
楽しく自転車旅行なんてしてらんねー
ってなわけで暖かいところに逃げてきました。
詳細は追ってしらせますが、とりあえずナシゴレン美味し。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログはイギリスの最終話。



scott (39) 
空気嫁と同じDNAを持つさゆっぴと合流し、紛失したパスポートも
日本領事館のみなさまの尽力によって異例の早さで再発行してもらうことができた。

そーんな前記事はコチラ↓


イギリス・エジンバラからノルウェーへのフライトまで少し時間がある。
さゆっびのキャンプ慣れも兼ねて数日間をキャンプ場で過ごすことに。



scott (40)
さゆっぴはお菓子を作るのが本業。つまりお料理がうまいのだーっ!!
これは日々の暮らしが楽しくなりそうな予感。写真はカルボナーラ。



scott (42)
ぼくも料理は最低限だいたいのものが作れるけど、やっぱりレベルが違う。
朝からこんなお野菜も食べれちゃいます。ルッコラだぜルッコラ!


それにしても寒いよU.K。
旅をスタートした8月中旬にはTシャツで走ることができたけど(2回だけ)、
9月はじめのいま、フリース着てジャケットがデフォルト。
日本ではまだまだ30℃以上の最高気温が続いてるってのに、
こちらの最高気温は10℃以下の日すらある。
加えて北極海から吹き降りてくる風は島国イギリス本土を吹き抜けていく強風。
海風で湿り気も多いのでほんっとに晴れ間がなく、3日に1度は雨。
夏はどこいった夏は!!
調べてみるとここスコットランドはロンドンとかよりさらに寒いみたいやけど、
それにしてもノルウェーより寒いとかwww



scott (41)
寒さに耐えてがんばって飲んだビールたち。
やっぱり輸入ビールは安くて一番安いのはフランスの1664やポーランドもの。
スペインのはサンミゲル、アムステルそれと比べるとちょっと高いけどやっぱうまい。

イギリスビールは瓶の地ビール。クラフトビールブームらしくとんでもない種類がある。
量販モノにはない、とがった味がステキです。超高いけど。

ギネスはうまいー。
日本ではぜんぜん好きじゃなかったのにこっちでは飲める。




scott (43)
さぁーおニューのパスポートもってフライトだよー!
夜明けとともにキャンプ場を出発して空港へ。
お昼のフライトまでの4時間、タンデム自転車をパッキングして荷物をまとめる。
今回は段ボールではなく、サランラップとテープを使ったパッキング。
というのも、旅の初めや終わりのフライトではないので荷物が多い。
食材はほぼ使い切って荷物を減らしたけど、それでもギリギリになりそう。

苦心してパッキングした結果。

自転車 25kg
預け荷物 20kg(平均) × 3つ = 60㎏
機内持込荷物 10kg × 2 = 20kg

ちょっとごまかしたってのにトータル105㎏だよコンチキショー!!     



s-3
スカンジナビア半島の国々が共同で運行するスカンジナビア航空を利用。
フライト自体は一人当たり10000円。安い時なら4000円くらい。
超過荷物の料金がフライトよりはるかに高い。



 s-P_20180913_230826.jpg
ノルウェーの首都・オスロに着いたよー!
派手じゃないけどこの木造りの感じがオシャレだぜ北欧!
ワクドキでお外へ出ると、、、まぁスコットランドとたいして変わらん気温。
9月上旬で、最低4℃、最高14℃くらい。
日本は30℃越えてるってのにー!



s-P_20180913_165432.jpg
飛行機は夕方にオスロ着。
空港からオスロの町へは60kmほどあるので、今日はキャンプ予定。
自転車を組み上げ出発し、一番近くのガソリンスタンドで料理用のガソリン購入、
スーパーで食料をゲットし、キャンプのできる森を探す。
日が暮れるまでの2時間でこれらをコンプする・・。

近くの村でガソリンをゲット!スーパーへ寄ると、た、た、高いっ!!
物価の高いイギリスですら500mlのビールが150円で買えたのに、

なんと1本400円!!!

野菜もキャベツ1個500円とか玉ねぎ3つで200円。
今まで200円くらいで買ってた300gのチョリソーが800円を超えているっ!!限界突破!!

こ、、このスーパーが田舎で高いからだよねっ!
と言い聞かせ、安ーいものをちょこっと買って後にするも、
後々、ノルウェー人に一番安いスーパーを尋ねてみるとその全員がこのスーパーの名を挙げた(笑)

オイルか!オイルのおかげでこんなに強気なのかノルウェーよ!!



s-P9140813.jpg
北欧はイギリスと違って所有地を区切るためのフェンスや生垣がない。
なのでどこでもキャンプができる・・・はずが、
町の方に向かって走ってるうちに都市部に入りなかなかキャンプ場所が見つからず。
日が暮れてようやくたどり着いたキャンプ場所は広大な畑を横切った先の森。

そう、ノルウェーの森!!
これまたイギリスとは植生が違っていて、ベリーやイバラのようなキャンプに大敵の
トゲトゲ植物がすくない。そんでもってヨーロッパ名物特大ナメクジやガガンボもいない。
なんだか快適そうだぜノルウェーの森っ!



s-P9140815.jpg
ブラジルで味わったマシーシャ?と思ってたらその中にはクリ??
このカワイイの四段活用。
しかし食べれそうな気がしない。



s-P9140817.jpg
エンドレスで続くアップダウン。
サイクリングロード自体はほんとたくさんあるのに、標識が不親切で目的地にぜったいたどり着けないノルウェーのサイクリングロード事情。
案外キツそうな予感。



s-P9150830.jpg
なんだかんだあったけどとりあえず着いたよオスロー!



s-P_20180915_002032.jpg
とりまマクドで物価を調査。
いちばん安いセットが100kr(クローネ)くらい。
1kr=13.7円くらいなので、1370円。
高いセットは1800円を越える・・。

気になるタバコは、、、
ひと箱1800円!!

ビールはいろいろ回ってお安いのを探して探して、
500mlで350円!

宿も3000円くらいするしやばいぜノルウェー。
やることやって早く逃げだそう。



s-P9140818.jpg 



ブログのランキングに参加してます! 
読んだ後にこのボタン押してくれたらなんかええことあるらしい。 
ランキングを励みにブログを更新するようになるとか、、、 ならんかw  
でも押して 
 ↓↓↓↓

出演するよー! 
ネットでいつでも聞けます。 
I'm apealing on NHK radio program! 


| 68 NORWAY | 07:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。