現代日本の秘蔵っこ、磯田よしゆきの自転車世界一周旅行

2015年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

近況と今後のオハナシ。~モーリタニアビザ、申請用紙切れにて発給停止編~

01_20151130015412833.jpg
ただいまモロッコ・エッサウィラにて日本からの補給物資を待ってます。

郵便局から送ることのできるEMSで送ってくれたんですが、到着するのに早くて7日。

もし運悪く税関で引っかかってしまうとカサブランカまで受け取りに行かなくてはならないこともあるらしい。
受け取りに行く場所というのがモロッコ経済上の首都、カサブランカ。バスで片道1晩。
おまけに受け取る物資に税金がかかるので大出費&時間のロス。

そうならないことを祈りつつ、サハラ砂漠縦断・西アフリカ突入に向けての準備をしています。



02_20151130015403885.jpg
エッサウィラは海沿いの町。

漁港でお魚、お酒も買い込み毎晩宴会だっちゃ!!

この先は過酷な旅になっていくので最後の楽園ポイント。



03_20151130015357518.jpg
レンタカーして宿のみんなとキャンプにも行ったー



04_201511300154314ef.jpg
とはいえ遊んでばっかじゃありません。

夜行バスに乗って首都ラバトにモロッコの次の国、モーリタニアのビザを取りに行った。


早朝から大使館に向かうも、まさかのビザ発給停止。

フランス語が話せるベルギー人に通訳してもらうと申請用紙が切れているとのとか・・・
国境のオフィスでも発給しているとはいえ値段が跳ね上がり、15000円とか・・・

こんなクソみたいな理由でビザ発給を止めるような国っていったいなんなんでしょうか。

周辺国もその関係者からの信用なんてまず得られるわけがないし、
どんな国政なのか知る気もないけど馬鹿な政府のもとで暮らす国民がかわいそうでしかたない。

あぁー腹立たしい。インシャッラーじゃねぇよ。

まぁ西アフリカといえばまさにこんなような国が続くようなので(ってかどんどん酷くなるらしい)、
最初の洗礼を受けたってとこですか。


※こういう政府は嫌いですが暮らす人や文化・自然には期待してます。



05_2015113001542300c.jpg
ビザ取りで挫けそうになったけど、他にもタスクがある。

西アフリカに備えた髄膜炎の予防接種に加え、
旅に出発した2009年に受け有効期限切れの迫るA型肝炎などもいっしょにインジェクト!

いくつになっても注射って怖いよね。


そんなこんなで首都のラバトからエッサウィラに戻り、荷物待ち&宴会に勤しむ日々。

荷物は12月1日まで待っても届かなければエッサウィラを出発することにする。
荷物が届いてからバスで受け取りに行く寸法。

というのも3ヶ月あるモロッコのビザなし滞在期間があと1ヶ月しかない。
この先の行程を考えると間に合うかギリギリの線になるっちゃん。

おまけにモーリタニアとの国境まではモロッコからの独立を求めている西サハラエリア。
そもそもオーバーステイは違法なんやけど、そんな微妙なとこでビザ切れちゃうとすげーややこしそう。


そんなこんなでエッサウィラ滞在中にブログを書きまくって3日毎の自動更新にしとくんでお暇なら来てよね!

とりあえず今夜の魚とワインを買いに行かんとなのでバイチャ!!



ブログのランキングに参加してます!
読んだ後にこのボタン押してくれたらなんかええことあるらしい。
ランキングを励みにブログを更新するようになるとか、、、 ならんかw
でも押して
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

たまに出てます! NHKラジオ第一「地球ラジオ」
ネットでいつでも聞けちゃうよー!
I'm apearing on this NHKradio program!
http://www.nhk.or.jp/gr/shoukai/

| 46 MOROCCO | 07:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

祝!アフリカ大陸上陸 ~アフリカなのにスペイン??編~


ヨーソロー!モロッコはエッサウィラ。
日本からの荷物を待ちつつビザ取りや予防接種やらいろいろやってます。

荷物、、、なかなか着きそうにないなー

迫りくるビザ期限。
灼熱のサハラ砂漠縦断。
テロ・エボラの脅威、、、

胃が痛くなるよな強迫観念に苛まれつつ、
日本人宿で毎日毎晩美食美酒パーティーしちゃってたりするんですがね(笑)


ブログの話はヨーロッパからアフリカ大陸上陸編だよーん!



c (1)
ヨーロッパ大陸の最終地点、アルヘシラスでアフリカ大陸行きの船に乗った。



c (2)
自転車を固定してくれることもなくその辺にどん。



c (3)
フェリーの客室は日本も海外も変わらない金色ぴかぴかで高級感を出そうとしている感じ。



c (4)
出向して1時間でアフリカ大陸はもうそこ。

アフリカといえばなんだかんだ砂漠のイメージがあって、
こんな山脈が待ち構えてるとは・・。



c (5)
アフリカの玄関口が見えてきた。

ヨーロッパ式の町並みの中にキリスト教の教会も見える。アフリカなのに!

というのもここはセウタ(CEUTA)。
アフリカ大陸のモロッコの中にあるスペインの飛び地。

直接モロッコに渡るフェリーが主流やけどこの航路を選んだのには理由がある。

海で国境を越えると手続きや荷物チェックが煩わしい。
シェンゲン協定を越えちゃってるっぽいので、現地民の往来が多くめったに荷物検査などをうけることのない陸路国境を選んだ。



c (6)
スペイン本国とジブラルタル海峡をはさんだセウタ。
海峡の監視、攻撃のするための城砦の町。



c (7)
町の中心はアフリカ広場。
なんだか冒険心をくすぐられるネーミングです。



c (8)
広場脇のこの町メインの教会。
とくに変わったとこはないものの、イスラム教の地北アフリカでレコンキスタなりの信仰を守っている。



c (9)
町中に張り巡らされた城壁とお堀。

お堀は海の水が流れる水路になっていて新鮮な水が流れ込む。
ボラや小魚、カニが溜まっていた。



c (10)
出発だー!出陣だー!!

一泊して観光したいけどホテルはどこも高そう。



c (11)
おっとその前にちょっと寄り道。

親切な人にガイドしてもらう。



c (12)
買いに行ったのはウイスキー!

これから入るモロッコはイスラム教の国。
慣れ親しんだバルもなければ缶ビールも特殊な場所以外で見つけることは不可能。

走り終わってからのビールが一番やけど、日に2~3本と考えると大荷物になる。
なのでちびちび長持ちさせれるウイスキーを買っておく。



c (13)
どっきどきでアフリカ走行開始だよーん!



c (14)
海の向こうに見えるのはアトラス山脈。標高4000mの頂もあるらしい。

そしてあの山脈の向こうにはサハラ砂漠。

そこには世界を騒がせているイスラム原理主義グループがいる。

ヨーロッパから比べると物価も下がり人が陽気になって、旅としては楽しくなるはず。

しかしアフリカ大陸に対する漠然とした不安は強い・・。


次回! モロッコ入国とその辺の人たち!



ブログのランキングに参加してます!
読んだ後にこのボタン押してくれたらなんかええことあるらしい。
ランキングを励みにブログを更新するようになるとか、、、 ならんかw
でも押して
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

たまに出てます! NHKラジオ第一「地球ラジオ」
ネットでいつでも聞けちゃうよー!
I'm apearing on this NHKradio program!
http://www.nhk.or.jp/gr/shoukai/

| 44 SPAIN | 00:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スペイン南下・ヨーロッパの最終地点へ ~日帰りイギリス旅行もあるよ編~


gib (1)
モロッコはエッサウィラ。サハラ砂漠縦断に備えて準備をしています。
日本からの荷物待ちで時間があるのでレンタカーして宿のみんなとキャンプに行ったりしてます。



gib (2)



gib (3)
そう!サハラ縦断の相棒が見つかりました!
やっぱり今回も男の子だったりするんですが相性はバッチリ。
そんなこんなはまぁその内にアップするっちゃん!


とりあえず溜まりに溜まってるヨーロッパ分の日記を上げとくよーん。



gib (4)
スペイン走行もあと少し。
海沿いの道をアフリカに向かって進む。



gib (5)
2日前から見えてた小山が目前に!

この海に突き出た山と少しの平地はスペイン国内にありながらイギリスの飛び地、ジブラルタル。

スペインの国土から飛び出た半島で南北に5km、東西1,2km、ザ・ロックと呼ばれる岩山を中心にしていて、
大航海時代の西欧烈強のアフリカ進出争いの中、ヨーロッパとアフリカとの海峡(ジブラルタル海峡)を見張ることができた要地。

現在は駐留するイギリス軍のための生活産業がメインで、タックスヘイブンとしても有名。



gib (6)
こんなポジショニング。アフリカはもうすぐ。



gib (7)
ちゃんと国境のゲートもある。

イギリスはシェンゲン協定を批准していないので入国手続きが必要なはず。
しかし、現在のジブラルタルは観光地的な場所でもあるので手続きは不要になっている。

(国際社会的には地中海を出入りする難民船や中東の船を監視する、世界の警察アメリカさん的には現在も要所)

パスポートを提示してゲートを通り抜ける。



gib (8)
ヨーロッパには共通のナンバープレートがあり、国によって左上に国名の頭文字が記される。

ジブラルタルはイギリスのGBではなく、GBZ (Great Briten Zibraltar)。

ちなみに通貨もGBP(ジブラルタルポンド)と特殊。残念ながらコレクションできず・・。



gib (9)
国境ゲートを越えたところが広大な場所。

すげーちっさい国土のはずやのに土地の無駄遣い。
国の東西を貫き東西の両端は海にまで達するこの場所、実は空港。
飛行機が発着する際には通行を禁止するというなんだかなー感あふれるシロモノ。



gib (10)
ジブラルタルの中心地。

建物のエッジのカクカクした感じとか城壁の精密さとか、スペインの建築物とはまた違ったテイスト。



gib (11)
ジブラルタル。

やって来てみたものの、飛び地ってだけで特別な見所はない。

イギリス式のパブは行っとかんといかんでしょ!



gib (12,)
イギリスビール。一杯1000円也。ムーチョたけー!!



gib (13)
やっぱスペイン語より英語のほうが断然わかる。



gib (14)
その辺を1時間くらい走り回って観光終了。



gib (15)
狭い道路の割りに交通量がすごく、排ガスに巻かれて退散って感じでした。



gib (16)
ジブラルタルを眺めながら夕方のビールタイム。
一緒に遊んでもらった女の子とお父上、お父上のご友人。

スペイン語よりも英語のほうがよく話せるとはいえ、スペイン語は話すのが楽しい言語。
発音が情熱的で、話していると自分の中の喜怒哀楽がはっきり出てくる。
声も身振りも大きくなってくるスペイン語七不思議。

人もいいし、やっぱスペインは楽しいなー



gib (17,)
ジブラルタル湾を挟んだ港町アルヘシラスがヨーロッパ旅行の最終地。

この町からフェリーに乗って新大陸のアフリカに渡る。



gib (18)
去年1年の帰国労働を挟んだものの、2013年から始まったタンデム相乗りヨーロッパ旅行。

だいたい1万キロ、20数カ国を旅し、日本人5人、モロッコ人1人、イタリア人2人をタンデム自転車に乗せた。

実際に来てみるまでは国の多さのわりに変化に乏しいイメージだったヨーロッパ諸国。
だいたい似たような白人顔で、城や教会を中心とした石造りの町に暮らしているのかと、
どうせ同じような国が続くんでしょ?くらいに考えていた。

旅してみて知るそれぞれの違い。
人種、人の考え方、自然や文化。戦争の残り香。

物価が高いので自転車旅行でまた来たいかと問われれば悩んじゃうのですが、
かわいい女の子もいるし、英語が通じるとこ多いし、親切な人も・・・ はっ!!
険しい山も海川湖、シャネルのお店もスラム街も意外と何でもありますヨーロッパ!

これにてヨーロッパラウンドは終わりー!

次回、船に乗ってアフリカ大陸に上陸だよーん!!!





ブログのランキングに参加してます!
読んだ後にこのボタン押してくれたらなんかええことあるらしい。
ランキングを励みにブログを更新するようになるとか、、、 ならんかw
でも押して
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

たまに出てます! NHKラジオ第一「地球ラジオ」
ネットでいつでも聞けちゃうよー!
I'm apearing on this NHKradio program!
http://www.nhk.or.jp/gr/shoukai/

| 44 SPAIN | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヌーディストビーチでパンツを脱ぎ捨てて準備が完了する、オハナシ。


06_2015111802073505e.jpg
バスで眠ってる間に国境を跨ぎ、スペイン南部の町Fuengirolaへ。

自転車屋の兄ちゃん、スペインのシマノにもなかった問屋にもなかったパーツを
ネットを駆使して購入していてくれました。



07,
スペインからアフリカに渡る前の最後の最後の自転車屋。
倉庫も大きく品揃え豊富。ロード・MTBともに扱ってます。
兄ちゃんの顔は怖いけど英語がまぁまぁ、笑うとかわいい。

-------------------------
BICIS BUENDIA

C/ Rio Guadalete, 5
29650 Mijas-Costa
Malaga, Spain

https://bicisbuendia.com/
-------------------------


スペインでできる対西アフリカ用の自転車整備と部品購入を終了。

マラガで、
前後輪ホイール組みなおし(新品スポーク)

今回、
フロントチェーンリング(インナー&ミドル)交換
駆動用チェーン交換、予備購入(4本!!!)
パンク修理道具など小物多数購入。

他にも必要な自転車パーツ、アウトドア装備、スポンサーからの物資補給をモロッコでも受ける。



08,
駆動系が一新されスムーズに無駄なく自転車が進むのを感じる。

アフリカに向けてまた新しい旅が始まる予感。



09_20151118020721095.jpg
なのになんだ!
こんなフレッシュな気分なのにぼろぼろなパンツ履いてたらあきまへん。



10_20151118020545ee4.jpg
17歳(17年前!!)の自転車に本一周のときに買ったサイクリングパンツ。
ぼろぼろで穴だらけやけどおそろしい物持ちの良さ。ケチっぷり。



11,
このパンツで10台以上の自転車を乗り継いできたけど、
結局ゲイリーフィッシャーの自転車には乗ることはなかった。



12,
サイクルパンツを文字通り、脱ぎ捨てた場所。

いろいろと感慨深い。



13,
さーヨーロッパラスト150km!

最後のストップポイントが見えてきたよー



14_20151118020620c7a.jpg
どわー岩でけー!!


次回、スペインから日帰りイングランド。



ブログのランキングに参加してます!
読んだ後にこのボタン押してくれたらなんかええことあるらしい。
ランキングを励みにブログを更新するようになるとか、、、 ならんかw
でも押して
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

たまに出てます! NHKラジオ第一「地球ラジオ」
ネットでいつでも聞けちゃうよー!
I'm apearing on this NHKradio program!
http://www.nhk.or.jp/gr/shoukai/

| 44 SPAIN | 02:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リスボンぶらぶら、無料ワニで時間つぶし




ヨーソロー!!

モロッコ中部の港町、エッサウィラに到着!
日本人宿で包丁ふるっちゃってます久々のビールにカツオのタタキ



01_20151118021751716.jpg
ポルトガル、再びリスボン。



02_2015111802174897a.jpg
リスボン名物エッグタルト。
宿であった子を見送りがてらおでかけ。



03_20151118021808e82.jpg
リスボン動物園。

入場料が3000円ほどとおそろしく高かったので諦め、フリーエリアでのんびり。



04_201511180218025e3.jpg
フリーエリアのマクドはすげーんだぜ!!



05_20151118020714735.jpg
ハンバーガー食べながらワニが眺められんだっ!!


さぁてハンバーガーも食ったことだし、そろそろスペインに帰ろっかな。



ブログのランキングに参加してます!
読んだ後にこのボタン押してくれたらなんかええことあるらしい。
ランキングを励みにブログを更新するようになるとか、、、 ならんかw
でも押して
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

たまに出てます! NHKラジオ第一「地球ラジオ」
ネットでいつでも聞けちゃうよー!
I'm apearing on this NHKradio program!
http://www.nhk.or.jp/gr/shoukai/

| 45 PORTGAL | 02:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ユーラシア最西端の岬へ ~クッパ城にラブずっきゅん編~



00.jpg
自転車修理でできた時間にポルトガル小旅行。

リスボンから電車・バスを乗り継ぎ向かった先は・・・



01_2015111311185841b.jpg
山を越え谷を越え、



02_201511131118135a2.jpg
海辺にたたずむモニュメント。そうだ、地の果てだ!!



03_201511131118215d0.jpg
「ここに地終わり 海始まる」で有名な、
辻仁成と江國香織と竹之内豊とあと、、、あと誰やっけ?あのヒロイン、、、で有名な!
宮本輝も、、、何やっけ?

ユーラシア大陸最西端ロカ岬!

日本から海を挟んだおとなり韓国。
そっから中国やらなんちゃらスタンやインドやイラクやトルコやドイツやフランスやらを通り過ぎて、
陸地を走り抜けた最後の最後にあるのがこのロカ岬!!



04_2015111311184961c.jpg
この海の先には旅をはじめたアメリカがあって、
反対側の地の先には帰るべき日本がある。

いまだ自分は旅の中間地点。いや、厳密にはその半分にも至ってない。

こういう場所に立つと改めて地球の上を旅してる実感が沸いてくる。

帰国労働を含めてかれこれ6年。

未だ日本は実感のないはるか彼方です。



05_20151113111831971.jpg
豪快な風景と荒々しい海風の中を散策。



06_2015111311182606b.jpg
ロカ岬は一面多肉植物に覆われた緑と、空と海の青のイメージ。



07_2015111311160878d.jpg
堂々としておる。



08_20151113111619c8e.jpg
ボクは死にましぇん!!



09_2015111311161748e.jpg
帰り道に少し寄り道。
世界遺産のシントラ市街から山を上った、、



10_20151113111618075.jpg
ちょっとメルヘンなエントランス。



11_20151113111625404.jpg
霧が沸きはじめる中、山道を上る。



12_20151113111539701.jpg
突如あらわれたカラフルな何かっ!!



13,
ビビットとビビットをぶつけ合ったこのカラフルさっ!、



14,
ヨーロッパとイスラムの混ざったようなモッコリしたデザイン、、、



15_20151113111549e76.jpg
きゃわわわわわー!!!


悪ふざけ感満載、クッパ城のようなペーナ宮殿。

こんなカラーリング&フォルムながらもエラーイ人が住んでいた由緒ある宮殿。
現在も国賓の歓迎に使われたり、なんってったって世界遺産!




おまえ、、、 むちゃくちゃカワイイやないか!!!


正直ここにきたのも電車のフリーチケットのエリア内やったからで、
こんなところでラブずっきゅんしてしまうなんて思ってもなかった。

異様なデザイン(ゆるふわー!)キュートな色使い(きゃわわ!)。

ものすごいタイプのお城!!


外見はこんなんでも中身はしっかり格調高い内装というギャップ・・。


結婚したい!! 



16_20151113111548d8d.jpg
しかし中に入るのは別チケット・・。

ここの知識が何にもなくふらっと来たので、7ユーロする宮殿内チケットをケチってしまった・・。
バカっ!ワイのバカっ!!


2012年夏、パリ市内の華麗な建築に心奪われ幕を明けたヨーロッパ旅行。
多くの町を巡った弊害か、食傷気味になってしまったヨーロッパの建築物。

パリクラスはもう現れないかと思っていたヨーロッパ最後に出会ったペーナ宮殿。
思いがけずやってきたポルトガルで思いがけず結婚したいお城に出会ってしまうとは・・・

ヨーロッパとイスラム文化の融合という最高の形でアフリカ大陸につながった。


ヨーロッパでの未練がひとつ減り、アフリカ大陸戦への助走が始まったっ!アチョー!!



ブログのランキングに参加してます!
読んだ後にこのボタン押してくれたらなんかええことあるらしい。
ランキングを励みにブログを更新するようになるとか、、、 ならんかw
でも押して
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

たまに出てます! NHKラジオ第一「地球ラジオ」
ネットでいつでも聞けちゃうよー!
I'm apearing on this NHKradio program!
http://www.nhk.or.jp/gr/shoukai/

| 45 PORTGAL | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大航海時代へバスでGO!! ~to PORTOGUL LISBOA編~


現在モロッコ。
内陸から大西洋(!)を目指して走ってまーす(たぶん)

目的のエッサウィラでは日本からの自転車パーツ受け取り、西アフリカのビザ取りなどなど忙しくなるはず。
それが終わればサハラ縦断、西アフリカのビザ取りフランス語地獄などなど、ハードになっていく。

その前の最後のゆっくり地点。
タンデムのパートナー見つかったらいいなー



自転車の部品を取り寄せてもらうのに4~5日時間ができたのでふらっと夜行バスにジャンプオン!!


pl (1)
やってきたのはお隣、ポルトガル。

首都リスボンはまぁとんでもない観光都市。



pl (2)
バスが着いたのは早朝6時。

眠すぎるしガイドブックもないのでネットが使える店が開くのを待つ。



pl (3)
広場。



pl (4)
リスボンは坂の町。観光するにも勾配がきつく息が切れる。

旧市街のバイロアルトは路面電車が細い路地を走る。



pl (5)
町の建物はシンプルめなスペインと派手装飾のおフランスとの中間ぐらい。



pl (6,)
暖色系の建物が多い。

ただ、町全体がなんとなく薄汚れてる感がある。
それぞれの作りはかわいかったりするんやけど、石畳が荒れてたり窓が割れてたり、
古さだけではない、味がでてるわけでもない汚らしさ。



pl (7)
町の中心を出るとほとんど全ての建物にストリートアートと言う名の落書きがされている。

悪そうな人もいるっちゃいるけどそこまで多くない。なのになんとなく歩く気が失せてしまう。
気候はあったかくて人もいいとは思うけど、なんかなー。

観光大国としてまず落書きから取り締まるべし。



pl (8)
ちょっと離れた観光。

ジェロニモス大聖堂は現在工事中で入れず。



pl (9)
大西洋に注ぐテージョ川を監視するベレンの塔。



pl (10)
発見のモニュメント。

そう、この辺のスポットはすべて大航海時代のもの。

バスコダガなんちゃらやコロンブなんちゃらが新大陸を目指して海へ出た大航海時代。
その時代のポルトガルと言えば一大強国で奴隷をつれてきて植民地を増やしたり確変ブチ上げ真っ最中!!

世界中から奪いまくった潤沢な資金でこんなでっかい建物ばんばん建ててたんでしょう。

冒険家がこの場所から盛大に出帆し、帰り着き、はたまた海賊が攻めてきたり。

そんな歴史の悲喜交々がこの場所にあったことを想像。



pl (11)
レモネードとモヒートがこの町の人気。



pl (12)
休憩に寄った公園にはタイ式寺院。



pl (13)
昼を過ぎるとこの渋滞。

一車線の道でバスが見える限りで10台以上の団子状態。



pl (14)
エッグタルトなどのスイーツも名物。

有名店は行き逃したけど、どんな店でもエッグタルトは絶品。



pl (15)
ポルトガルビール。



pl (16)
オベリスク@旧市街の中心地。



pl (17)
駅の入り口。



pl (18)
町はどこも物価が高く、宿もバカンスシーズンでヨーロッパからのパーティーピーポーが占拠。
なのでビール買い込んで海辺でリラックス。

大航海時代の豊かさのみでできたようなこの町。
小国が世界中に植民地を作るに至った顛末を想像してみるも、知識がなかった・・。

世界中に未知があふれていた時代。冒険の時代。
しかしこの頃の冒険は一部特権階級に限られたもの。

打って変わって現代。
世界地図上に残された空白地帯は消え、未知に挑むような冒険フィールドはもはや残されていない。
現代の「冒険」には、「単独」や「厳冬期」などの縛りが付きまわる。
しかし、個人的な「冒険」であれば、どんな装備もインターネットで手に入り、
どこにだって飛行機で簡単に行ける。言い換えれば誰にだって「冒険」ができる時代。

「昔の冒険」を現代の装備でやってしまうことほど興ざめすることはないとは思いつつも、「冒険」に挑んでいる現在の自分。
(ぼくは自分の自転車世界一周を冒険だと考えます)

結局は自分が満足するかどうかやからそこにクドクド引っかかったりはないんやけど、
もし自分が大航海時代に生きていて潤沢な資金もあったとして、前人未到を目指すような冒険に挑んではなかったやろなー。

その頃の冒険家たちといえば、
人を惹きつけ統率し、資金を集め大自然の驚異にも怯むことなく立ち向かったすげー人ら。
懸垂1回しかできひんぼくはクルーとしても採用してもらわれへんねやろなー。

いまみたいなぬるま湯時代に生まれてよかった。ちゃんちゃん(笑)


pl (19)
ひたっているとこに酔っ払い登場。

こんなおっちゃんも昔からおったんやろなー。

「カーボヴェルデだ! カーボヴェルデを目指せっ!」

と、人生の転機にでもなっちゃいそうな御指針を賜りました。



カーボヴェルデかぁー。



どこにあるんやろ・・。



ブログのランキングに参加してます!
読んだ後にこのボタン押してくれたらなんかええことあるらしい。
ランキングを励みにブログを更新するようになるとか、、、 ならんかw
でも押して
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

たまに出てます! NHKラジオ第一「地球ラジオ」
ネットでいつでも聞けちゃうよー!
I'm apearing on this NHKradio program!
http://www.nhk.or.jp/gr/shoukai/

| 45 PORTGAL | 18:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スペイン南部、アフリカに備えポルトガル?


ただいま絶賛モロッコ走行中!

現在マラケシュ辺り。

次の町エッサウィラで日本からの荷物の受け取りを計画しています。

まともな自転車屋が存在しないと言われている西アフリカに備えた準備では、
およそ1年間分に必要なタイヤやギヤなどの自転車補修パーツ、
マラリアなどの病気に備えるものや、緑茶など日本を懐かしむ嗜好品まで多岐に渡る。

そんなのを片っ端からAMAZONでポチっていると次第に気持ちも大きくなってきて、
「特別必要ではないけどあると生活の質が上がる」的な物をいくつも購入してしまった。

なんだかものすごい量の小包になっている悪寒・・。
送料払ってくれるパパン、ごめんなさい。

今なら小包に同封するラブレター&呪いの手紙、まだ間に合います!どしどし送ってくれよな!


01_2015111015503924d.jpg
ちょこちゃんを空港に送って別れてから一人になった。

ひさしぶりのキャンプ。一人キャンプ。

作るご飯もいつもの半分。

夜遅くまでしゃべる相手もおらず、、、


・・・。


さ、、、さみしくなんかないんだからねっ!!

こういう時は伊集院のバカラジオでも聞きながら寝るのが一番。



02_2015111015503619d.jpg
考えることに没頭できる丘陵地帯ルート。



03_201511101550575de.jpg
一日かけて標高をあげる。



04_20151110155059d98.jpg
滝休憩。

ここから流れ出た小川に沿って南に。



05_20151110155055c1e.jpg
海までもう少し。

白い家で統一された村が見える。

南スペインは昔モロッコの支配を受けていた影響でアラブ風の建築が多い。
古い建物だけでなく、建設中の家々や丘の上に残る城壁などもアラブ式。
アラブから伝わった幾何学模様のタイルはこの地方の名産品にもなっている。



06_20151110154843a50.jpg
海よ!おれの海よー!!



07_20151110154840863.jpg
ロマンティックキャンプのはずが、深夜の暴風雨で最低な夜明け。



08_201511101548471b9.jpg
ビーチで有名なマラガに到着。

長かったバケーションシーズンもようやく終盤。



09_20151110154847c49.jpg
暑さも人の多さもひと段落。



10_2015111015485079b.jpg
お宿はコチラ。



11_20151110152058ea0.jpg
ここから200kmほど南下してフェリーでアフリカに渡る。
その前に訪れる最後の大都市がここマラガ。

自転車部品が手に入りそうにない西アフリカに備えてパーツ交換と予備パーツを探し回る。



12_20151110152118feb.jpg
隣町フエンヒローラの自転車屋Buen dia。ここが品揃え、知識とも満足がいった。
しかし、交換予定だったフロントのギヤが製造終了していて、この店にも問屋にもなかった。

歯の磨り減ったギヤのままアフリカに入るわけにはいかない部品。

途方に暮れていたところ、この店ににいちゃんが提案。
3日くれたらインターネットでなんとかして購入してみせると言う。

他に道もないので信じて待つことにしてみた。

・・なわけで自転車は部品交換途中で不動状態。キャンプしにいく足がない。

せっかく時間もできたし自転車も預かってくれるというので、思いつきでバスターミナルへ。



13_20151110152114d88.jpg
向かった先は、、、タイランドっ!!


・・・ではなく、



14_20151110152113c4d.jpg
クッパ城!!


・・・でもなく、、



15_20151110152109df2.jpg
ポルトガルのリスボン!

自転車で来るには遠回りが過ぎるので諦めかけてたけど、
タイミングよく時間ができて、これまたすんげータイミングで夜行バスもあって、
翌朝起きるとはいリスボン!
これがバックパッカーのフットワークの軽さか・・。

ただ、 思いつきでやってきたのでここはどこ状態。


次回、タイランドもクッパ城もある、ポルトガルにバカンスだよーん!!




ブログのランキングに参加してます!
読んだ後にこのボタン押してくれたらなんかええことあるらしい。
ランキングを励みにブログを更新するようになるとか、、、 ならんかw
でも押して~
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

たまに出てます! NHKラジオ第一「地球ラジオ」
ネットでいつでも聞けちゃうよー!
I'm apearing on this NHKradio program!
http://www.nhk.or.jp/gr/shoukai/

| 44 SPAIN | 16:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょこちゃんとのお別れ@グラナダ ~胸キュンdays~


x.jpg
ただいまマラケシュ。

こっちでできた友達と毎日遊んでます。
マラケシュ観光、大学潜りこみ、寮に遊びに行ってご飯ご馳走になったり。
ハマム(アラブ式サウナ風呂)で汗を流したり。
明日は自転車もって山登りにいってきます。
あと何回延泊することになるのか・・。。 

インシャラー。


za (1)
バレンシアからグラナダまでの450km、3週間ちょこちゃんと走った。
日本で言うと東京から京都の手前くらいまでの距離。




za (2)
グラナダにはのんびり滞在。
餃子を作って大失敗。



za (3)
スペインビールは味が豊富。飲む順番を考えても楽しめる。



za (4)
アフリカ大陸に向かうための準備も本格化。
伊藤心さんに教えてもらった強いと評判のスポークDT SWISSを取り扱ってる店発見!
前後タイヤのスポーク全替え、100ユーロ=14000円也。

グラナダのDr.BIKE。
商品の豊富さと技術は間違いない。
スタッフも気さくで英語も通じる、このエリアの人気NO.1のお店。



za (5)
ちょこちゃんが親友うっちゃんに手紙を送るというので、
おれがうっちゃんに手紙を書き、ちょこちゃんがおれの友達の斉藤に手紙を書くというイベント。



za (6)
お別れの日。
グラナダ空港までタンデムで送っていきます。



za (7)
16kmの距離もあっという間に到着。

数えてみれば3週間。
この子は自転車が漕げるのか?と不安やった最初の頃が懐かしい。

しんどい坂をいっぱい越えていっぱいキャンプしました。
毎晩遅くまでゲラゲラ笑って睡眠不足気味の日々。

ちょこちゃんはいつもニコニコ前向きで、ほんとに素敵な女の子でした。
一緒に旅した日々は爽やかでスイートな思い出っちゃん。

ありがとね、ちょこちゃん。



za (8)
ちょこちゃんの乗った飛行機が轟音を残して消えてった。

ちょこちゃん、トマト祭シェアハウスのみんな、ドイツ人のジョー。
ここ1月以上、誰かと一緒に旅してたことに気づく。


猛烈にさみしいぜ。





za (9)
こーんな日焼けしたんだよー!



ブログのランキングに参加してます!
読んだ後にこのボタン押してくれたらなんかええことあるらしい。
ランキングを励みにブログを更新するようになるとか、、、 ならんかw
でも押して
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

たまに出てます! NHKラジオ第一「地球ラジオ」
ネットでいつでも聞けちゃうよー!
I'm apearing on this NHKradio program!
http://www.nhk.or.jp/gr/shoukai/

| 44 SPAIN | 08:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お別れ前にちょこっとアルハンブラ宮殿。~イスラム建築の最高傑作編~

ただいまモロッコ。
マラケシュという町に着きました。

この先、モロッコ南部からサハラ砂漠縦断に挑むので山岳エリアはしばらく走り納め。
なので、涼しい場所にいられるのも最後になるはず。
今から1年くらいは汗だらだらの灼熱地獄なんやろなー・・。うっぷ。

草木が減って大地が砂っぽくなってきました。




z (16)
ちょこちゃんとのタンデムあいのり旅行のゴール、グラナダ。


A (1)
グラナダを歩くとヨーロッパ式の町並みの中に大昔モロッコイスラム帝国占領時の
モスクを利用した教会があったり、ベールで頭を覆った女性の姿もちらほら見える。

イスラム建築の中でもっとも完成度が高いとされるアルハンブラ宮殿へ。

アルハンブラ宮殿とは
大昔、イスラム帝国がこのあたり(スペイン南部)を支配していたころに建築され、
その後のレコンキスタによって15世紀ごろキリスト教徒の手に渡った。
イスラム建築の最高傑作とも称される、スペインに屈服させられたイスラム教徒の宮殿である。のだっ!!



A (2)
グラナダの町を見下ろす丘の上に築かれた広大な宮殿。

内部には水を多用していて庶民の暮らす下界とは別世界。
地勢的に水が貴重な場所・文化にかかわらずこれだけの庭園を造りあげるのにびっくり。



A (3)
緻密に計算され作りこまれたお庭。



A (4)
ちよこだよー!!

あちこち湧き水。



A (5)
モスク?教会??



A (6)
宮殿内に入りまーす



A (7)
あら?入り口が思いのほか質素なんすけど・・・



A (8)
玄関的な広間。

柱や壁一面に緻密なレリーフ。



A (9)
装飾がハンパない。



A (10)
この細かさ。



A (11)
パッとひらけたところは中庭。美しい左右対称。



A (12)
庭を取り巻く回廊。



A (13)
メインっぽい広場。その中心に噴水。



A (14)
四方に伸びた先の部屋から水が集まる。



A (15)
警備のおっちゃんのイスがかわいい。

装飾のイスラムタイルもかわいい。



A (16)
すばらしい工業力。




A (17)
今度はお城部分。



A (18)
いろいろあったけどパスしまーす



A (19)
城内部は兵士の住居。



A (20)
なんか猛々しい気分になるね、お城とフラッグ。



A (21)
グラナダが一望だー!!



A (22)
ふーぅ。

歩きつかれつつも最後に別の庭園へ。



A (23,)
ちょこちゃん撮影



A (24)
ぼく撮影



A (25)
たくさん歩きましたー!


お次の更新はちょこちゃんとのお別れ編だー!!






ブログのランキングに参加してます!
読んだ後にこのボタン押してくれたらなんかええことあるらしい。
ランキングを励みにブログを更新するようになるとか、、、 ならんかw
でも押して
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

たまに出てます! NHKラジオ第一「地球ラジオ」
ネットでいつでも聞けちゃうよー!
I'm apearing on this NHKradio program!
http://www.nhk.or.jp/gr/shoukai/

| 44 SPAIN | 10:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |