FC2ブログ

現代日本の秘蔵っこ、磯田よしゆきの自転車世界一周旅行

2019年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

近況:パミール高原終えました ~今夜はF1!カザフでナマズ!編~





fghj (2)
ってーなわけで、パミール高原。世界の屋根を走ってきました。
この先しばらく自転車から離れるのでブログはあげれるかなと思うんやけど、とりま報告がてら。



fghj (3)
平均標高は3600mくらいかな? 4600mの峠もあって息は絶え絶え、
ユルトと呼ばれるモンゴルのゲルと同じスタイルの家で移動生活をする遊牧民をたまに見かけるだけで、



fghj (4)
集落や村は限りなく少なく、6000~7000m峰の絶景を眺めながらのサイクリング、キャンプ。

海外には絶景でも車が多かったりして楽しみ切れない場所もあるけど、
ここは若干の不便さの代わりにすべてを独り占めできる。



fghj (1)
ただ、道は良くないよね。
とくに、しんどいような坂道は総じて道が悪い。



fghj (5)
でも、自転車旅を純粋に楽しめるこんな貴重な場所では急いだりする必要はない。
できるだけゆっくり、疲れたら休憩、景色が良かったらキャンプ。
パミールの絶景よ終わらないでくれと願いながら進む毎日。




fghj (6)
メーメーさん、ヤギさん、モーモーさん。




fghj (7)
パミールの前半(西側)はロシアやイスラム系の顔やったのが、
ちょうど中間くらいのAlichurという村からキルギス系(モンゴル系)が混ざりだし、
次の集落からは完璧なキルギス系になった。

これまでの現地人に会った時の迫ってくる感じ、
好奇心がすべてに勝っちゃう感じがキルギス系では消え、
子どもたちは恥ずかしそうにハローと手を振る姿は何とも言えなくかわゆい。
そして旅が快適になった。

パミール前半では村人に見つかったら全員がハロー!!!ハロー!!!と絶叫しながら道路に出てきて、
手を差し出してハイタッチをせがむ。
タンデムは後ろのハンドルがあるので危なくて距離を取るけど、
そうすると逆に突っ込んできたり立ちふさがったり罵詈雑言を言ったりされる。
その度に自転車を止め子供捕まえてお説教。
ほっときゃいいんやけどこればっかりは性分で、良い年した大人に説教してるときはなんとも言えん気持ちになるよね(笑)
実際ふざけて飛び出してきた子と何回もぶつかってて、自転車も釣り竿も壊されたりしてる。

ちょっと話それちゃったけど、
キルギス人のエリアに入り人がおしとやかになって旅が快適になった。



fghj (8)
タジキスタンに入ったあたりから会ったり別れたりしてる自転車仲間。
同じ辛さ(坂道とかのね)を共有してるだけあって、
夜にお酒が入ると狂ったように盛り上がる。
でもみんな早起きなんよなー

ちなみに、ぼくは他のサイクリストと一緒には走らないのでお見送り。




fghj (9)
パミールをシングルギアとは・・・ 恐ろしい子っ!




fghj (10)
日本人もいるよー!
世界一周三年目の沖野くん。
かなり気合の入ったパミールのルートをとっていて、
日本の若者も捨てたものじゃないなとジーンときちゃいました。

ヨーロッパまで走ってアフリカへ、ケープタウンを目指す旅。
真逆のルートだったので、次会える日を楽しみにしてお別れ。
ブログもやってるよー




fghj (11)
ひさびさにありついたお食事は「マカロニ」
極細パスタをトマト味でいためたもの。
標高3000m越えちゃうとパスタも米も火が通んないんでこうなっちゃうんでしょう。
おいしかった。僻地のパミール価格で300円くらい。




fghj (12)
右がビールで左がウォッカ。
このあたりのビールは麦の味がまったくしない。
国民的ビールのシムシムは炭酸薄すぎていっぺん開けられてるんちゃうかと不安になる。

ウォッカは通常150円、ビールも1Lで200円くらい。
パミールじゃ2倍ちかくなっちゃうけどね。




fghj (13)
パミールも終盤に入ると周囲に雪山がふえ、吹き下ろす風で気温が一気に下がった。
朝晩はペットボトルの水も氷る温度に。
アカギレがひどい。




fghj (14)
パミールハイウェイでいちばん高い峠4600mを越えてるときに仲良くなったバイク乗り。
話してると盛り上がりすぎて息が苦しくなって命の危険を感じるという初体験(笑)

峠のてっぺんまでタンデムをこいでやるよ!って言ってたけど100mでリタイア。




fghj (15)
放牧民のユルト。
カラコル湖は釣りができるかと期待してたけど、
気温5度くらいの立ってらんないくらいの爆風なのであえなく釣りを断念。



fghj (16)
タンデム自転車(ひとり乗り)では後ろの荷重が軽く、
ダートでは後輪が空回りしてまったく乗れない。坂道は押しになる。

10m押すのが限界。
10秒進んで30秒息を整えてを繰り返す。




fghj (17)
パミールハイウェイの終点、タジキスタンとキルギスの国境の峠を越えると、
向こう側にはさらに高い7000m級の山々が待ち構えていた。
どの山も雪をかぶっていて険しい。

パミールハイウェイはこの辺りがいちばんキツくて景色もいいので、
正直な話、このあたりだけ走ればいいような気もする(笑)
まぁ走り切った人間だけが言えることなんやけどね。




fghj (18)
4300mから3000mへの下りがまたとんでもなくひどいダートで
自転車のキャリアがぽっきり。

修理をしてるところにタジキスタン初日から会ったり別れたりを繰り返してる
ドイツ人のクリス登場。



fghj (19)
年上だけどかわいいクリス。

とにかくぼくのことが好きなようで(笑)、
本来自転車漕ぐのはすんごい速いのにぼくに合わせてゆっくり走ったり
まだ昼過ぎやのにテント張っちゃったり、
今朝も起きると、
「来月のカザフスタンからのフライトを1週間後に変更してしまった・・!」
とか言いながらいっしょに延泊してF1見ることに(笑)

この先ぼくは陸路やけど、クリスはカザフから飛行機でインドin。
そして台湾まで走ってしばらく住むらしいので、この先も何度も再開するはず。

どっちが先にお嫁さん見つけるか競争だぜっ!!




fghj (20)
タジキスタンとキルギスの国境の峠。

ラフマット、パミール。

そうそう、22日のNHK地球ラジオに出まーす。
話したいネタが多すぎて15分くらいじゃどうにもなんねーぜ。



ブログのランキングに参加してます!
読んだ後にこのボタン押してくれたらなんかええことあるらしい。
ランキングを励みにブログを更新するようになるとか、、、 ならんかw
でも押して
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

出てます!
ネットでいつでも聞けちゃうよー!
I'm apearing on this NHKradio program!
NHKラジオ第一「地球ラジオ」


| 84 TAJIKISTAN | 16:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |